⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

本当におすすめの幼児向け通信教育教材究極の2選

このページでは、私がおすすめしたい「通信教材」の中でも
「総合学習」用の教材として「基礎学習」だけでなく、
”これから先”を見据えた、「長く付き合える教材」を紹介たいと思います。

幼児教育は、何よりも「早い段階」で始めることが重要です。

「ひらがな」や「数字」といった、初歩の初歩は「お母さん」が教えるべきですが
その先の<知識の構築>に関しては、ある程適切な順に沿って学ぶことが必要です。

しっかりとした、「カリキュラム」と呼ばれる「計画」に沿って学ばせていきましょう。

カリキュラムとは、あくまで”順番”であり進めるペースはその子次第となりますが
その際に「教材」を利用するメリットは、「道筋」を用意してくれることです。

「掛け算」が出来なければ「割り算」ができるわけもなく
効率的に知識を身に着ける・理解を深めるために、
あらゆる場面で、適切な順番を意識して学ばせるべきです。

知識を構築するための、「効率のいい順番」こそが
カリキュラムの本来の意味であり、そのノウハウが詰まった教材を選んでいきましょう。

幼児英才教育の王道であり”ずっと”使える「Z会」

「幼児教育」のスタートは、家庭で・お母さんが行うことが一般的であり
「この教え方でいいのかな?」と、不安なお母さんも多いはずです。

そんな時に、参考にするべきものが様々な教材です。

「教科書」の前にあるものであり、実はより重要なものでもあります。

また教材とは、学ぶ子供側にとっては「解くもの」ですが
お母さんにとっては、どうやって導いていくべきかという「参考書」でもあります。

「先生」と呼ばれる人に指導されることになる小学生未満のお子さんの場合、
”教え方”に関しては、教材をコッソリと参考にすることは非常に有意義です。

そして、「その教材は何を選ぶべきなのか?」と考えた際
やはり”通信教育教材の王様”である「Z会」が、最も相応しいと考えます。



「Z会」は、幼いお子さんがいる・いないに関わらず、
知らない人はいないのでは?と思われる、超有名な教材です。

お母さんの中にも「Z会」を利用していた方がいるのではないでしょうか?

「歴史」があるということは、がその分ノウハウが詰まっているということであり
特に、学校教育の1つ上のレベルに達するための効率的ノウハウに関して
非常に計算されつくした、ベストなカリキュラムで進めることができます。

長い間サポートする「相棒」になる

「Z会」の特徴として、やはり「長く付き合える」という要素があります。

「小学校入学前」から「高校受験」そして「大学受験」まで続ける子も多く
早い時期から”はるか先”を意識した構成になっていて、ずっとお任せすることもできます。

日本一の東京大学に、”「Z会」だけで”受かる子も中にはいるのです。

「長く同じ道を歩く」というのは、実際に大切なこと分かる例です。

そこまで計算して、作られている教材です。

どんな子が「Z会」に向いてる?

「Z会」は「王道教材」であり、そのため「普通の子」こそ向いています。

まだ「才能」や「性格」といったものが分かりづらい時期ですが、

  • 素直に話を聞いてくれる
  • 順番に説明すると、割と早く「飲み込んで」くれる
  • 今のところスムーズに知識を吸収している

といった、お子さんに向いているはずです。

我が子の判断は難しいとは思いますが、”与えたら何でも始めそう”な感じがする
「今のところ素直な子だなー」だと思ったら、「Z会」で決まりです。

「Z会」の無料教材・資料請求はこちらから

”個性が強い子”には好奇心を育てる「ポピー」

「Z会」が「王道」であれば、「ポピー」は「変化球」と言えるかもしれません。



「人とはちょっと違う才能」を感じるような、
「何にでも興味を持ち、とにかくやってみる」という子におすすめの教材になります。

「総合的な観点」から見ると、「Z会の次」となりますが
その理由としては、「中学校まで」という制限があるためです。

その分”幼児教育”に限定すると、ある意味”Z会以上”にすすめであるとも言えます。

「合う子にはものすごく合う」そんな教材です。

「2歳」から、1月ごとのカリキュラムが設定されており
その内容に関しても、「なるほど」とうなずける進行方法になります。

「お母さんと一緒に学んでいく」という、「本当に理想的な学習」を
最も”いいカタチ”で進行できるため、知能の発達と同時に”心”の発達も促すことができます。

「好奇心」を刺激する内容

「ポピー」をおすすめする、大きな理由の1つに
学習にとって非常に重要な要素となる、「好奇心」を刺激する工夫が見られる点です。

「その子にとって」楽しいこと・興味をが沸いてくること

もしかしたら「一生の仕事」になるかもしれないこと

そういったものを見つける「可能性」を広めてくれる教材です。

「学び」とは、ノートと鉛筆だけでするものではありません。

どんな子が「ポピー」に向いてる?

もちろん、どんなお子さんに対しても「ポピー」はおススメできる教材ですが

  • 好奇心旺盛な子
  • 「一見」落ち着きがない子
  • ちょっと冷静な・大人しい子

といった、極端なお子さんに与えてみて欲しい教材になります。

好奇心が強い子を、更に伸ばすことはもちろん
”一見”落ち着きがない子というのは「好奇心が強すぎる」ということも考えられます。

またちょっと”消極的な”子にとっても、いい「刺激策」になるかもしれません。

何より大事な好奇心を”与えてあげる”ことも、親の大切な仕事です。

「ポピー」と「当ブログ」を組み合わせれば、
最高の英才教育が実現できる!?のではないでしょうか・・・

「ポピー」の無料教材・資料請求はこちらから

家計との相談になることですが、「Z会」と「ポピー」を両方平行して進めるのがベストです。

1つの教材に絞らなければならないことはなく、多ければ多いほどいいものです。

無料教材はその名の通り無料なので、まずは両方請求してみて比べてみてください。

「最初の先生」であるお母さんの心強いパートナー

小学校に入学した後には、「塾」といった
学校外・家庭外の学習施設に、通い始めるお子さんも多くなります。

早い子では、1・2年生といった低学年の時期から”ほぼ毎日”通う子も現れます。

公立学校の授業では物足りない、早くレベルの高い学習を
進めていきたいといった場合には、有意義なことには違いありません。

しかし、学習は”塾でなければできない”というものではありません。

たしかに「誰か」に指導された方が、身に付きやすい場合もありますが
結局は、”やるか・やらないか”ということが最も重要なことになります。

極端な場合には「学校」にも通わず、通信高校・大検から
大学に入学する子というのは、珍しいものではありません。

しかし、家庭で学習する際に「通信教育(教材)」を利用することは
ある程度の「指針」に沿って学習できることから、非常に効果的です。

また、「お母さんが教えられない」レベルに達した場合でも
お母さんと教材の「二人三脚」で、学ばせることができる点もポイントです。

「小学校前」の時間を可能な限り活かすために有意義なアイテム

「通信教育」の教材を使った学習は、”小学校入学前”という時期にこそ効果的なものです。

「ひらがな」や「すうじ」といったものを、ある程度マスターした後に
小学校入学に備えた準備をするための、強い味方にすることができます。

2~4歳になると、「幼稚園」や「保育園」といった
”自宅外で過ごす”施設に預けることになるご家庭も多いと思います。

その際、幼稚園・保育園の先生に「学力面での子供の成長」を期待してはいけません。

あくまでお母さんに代わる「保護者」であり、
「人間関係」や「協調性」を学ばせることが仕事になります。

そのため、本当に知識を付けたい・リードしたいのであれば
幼稚園から帰ってきた後に実践する、家庭内での学習が必須になります。

その際にはお母さんが「先生」であり、せめて小学校入学後の担任に出会うまでは
しっかりと教えてあげることが、できるようにしてあげてほしいです。

その際にも、お母さん1人の力・負担ではなく通信教材を利用することが非常に有意義です。

このページで紹介した2つの教材は、「無料お試しセット」を請求することができます。

両方試してみて我が子が気に入った方を、可能であれば両方を
少なくとも1つは、「相棒」として進めていって欲しいものです。

もちろん、上記の教材でなければならないわけではありません。

数ある教材の中から厳選したものとして、ご紹介しています。

「かけがえのない時間」に有意義に使ってほしい

実際に、「幼い頃からずっと頭のいい人」というのは
小学校入学前の段階で、しっかりお母さんに勉強を教えてもらっていた
それも決して「スパルタ」ではなく、”一緒”に「隣」で勉強していたという子が多いです。

結局「道具」は何でもいいのかもしれません。

「お母さんが自分に何かを授けようとしてくれている」

一緒に学んでいることも、心の成長にとっては大切なのだと思います。

「問題」とは、自分への「課題」です。

解ける・クリアする。

お母さんに「○付け」してもらう。

「できる」ようになっていく。

段々と「×」が少なくなっていく。

そういった過程・経験というのは、かけがえのないものに違いありません。

そして、それができる時間は限られているのです。