⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【幼い子供に相応しいのはどんな本?】幼児期における読書の大切さとたくさん読ませるべき理由

読書に関しては、幼児教育を語るうえであらゆる面で有意義な習慣であり
早い段階で、「習慣」として身につけさせたいものになります。

読書家は、基本的に有能です。

読書の意義というのは、「知能の成長」と「心の成長」両方に効果があります。

幼い時期であればなおさら有意義であり、読めば読むほど”人間として”成長できます。

つまり、「本当に豊かな人生」にするためには欠かせない要素と言えるのです。

こういった習慣を、与えてあげることも親としてできる大切なことです。

そして「歯磨き」と同じく、最初は教えてあげる必要があるものでもあります。

幼児期に理想的な本の読み方

まず、”何を読ませるべきか?”については・・・何でもかまいません。

「読書」は、それ自体に意味があります。

ただし、年齢・段階によって”読書からの影響”も変わるため
お子さんの成長に合わせて、与える本を変えていくことが理想的です。

幼いうちは、とにかく<文字を認識する>という目的のため
文字の形・読み方を学ぶための、最高の反復練習こそが読書になります。

「文字が読めないから、読ませる意味がない」

のではなく、まだ読めないからこそ読書で学ばせましょう。

「あいうえお表」に拒否感を表す子供であっても、
「絵本」であれば、抵抗なく受け入れることも珍しくありません。

また「数字」の概念に関しても「1冊」「2冊」「3ページ」「第4話」といった
「何となく読書に関わる概念」として、何となく認識していくものです。

読みながら「内容」を整理させる

最初のうちは、お母さんが読んであげる、いわゆる<読み聞かせ>から始めます。

それだけでも、素晴らしい習慣です。

その中で”ただ読んであげる”だけではなく、
物語の内容を「どう思ったか」途中で質問してあげたり、
これからどうなりそうか?どうなればいいか?を、一緒に考えてみましょう。

これによって、「過去」の状況からの「未来の分析」ができるようになり
理想(期待・恐怖)といった、「考える力」や「想像する力」を養います。

こう説明すると、少し難しく感じてしまうかもしれませんが
こういったことが”自然と”身につくことこそが、読書の大きな利点です。


内容に配慮するべき時期や場合もある

まだ字の認識・内容の認識がおぼつかない時期は、本の内容は何でも問題ありません。

漫画でもいいです。

そもそも漫画と絵本は同じコンセプトであり、漫画だけが良くないということはありません。

ただし少し情緒・読解力が身についてきた後は、少しだけ内容を考慮する必要もあります。

できるだけ、「分かりやすい話」の内容の本を与えましょう。

「暴力的な本・ゲームによって、暴力的な人間が作られるわけではない」

ということも一理ありますが、”タイミング”によって危険な場合もあり得ます。

子供の情緒・好奇心は非常に敏感であり、日々対象が動き続けています。

「間が悪い」時期に、そういったものに興味が沸いてしまった場合
危険な発想に近づいてしまうことも考えられます。

あくまでも仮設です。

例として「北斗の拳」を読んだ場合・・・

「僕も人を殴りたい」になるのか「こんな世界になったら嫌だ」になるのか
どちらの感情に、心が動くのかということは、時期によって違う可能性があります。
(幼い子供に「北斗の拳」を読ませる家庭はないと思いますが・・・)

ただしより成長することで、それぞれのシーンによって
「こんなのやだなぁ」や、また「いい話だなぁ」と思う時期もきます。

「全体像」を把握することができる時期と、そうでない時期では「感想」が異なります。

そういった面からも、できるだけ「ハッピーエンド」の物語が適切と言えます。

「世の中ハッピーエンドだけではない」ということは、
幼い頃から教えなくてもいいと思います。(いずれ分かります・・・)


難しい本を読ませた方がいいのか?

本の内容が難しければ難しい程、頭が良くなるわけではありません。

むしろ「わけがわからない」と読書嫌いになってしまうリスクもあります。

ただし、難しい・文字の多い本を読むことで、
「読むスピード」という能力は、確実に上がることも確かです。

これは「テスト問題」の理解を早めることにも役立ちます。

また、本を読む”手段”に関しては何でもOKです。

近頃は「Kindle」等といった、タブレットでの読書も一般的であり
この傾向は、益々増えていくことになるはずです。

「紙」である必要はありません。

本を読みたがらない場合はどうすればいい?

子供が本を読んでくれないと、悩むお母さんも多いようです。

そういった場合でも、できることは<一緒に読み始める>ことだけです。

一緒に本屋さんに行き興味のあるおもちゃや、アニメの本を探し
「本にもなってるよ!」と、できるだけ興味を引き付けましょう。

また「お母さんに聞かせて欲しい」と、”お願い”することも有効です。

「本がある家」が理想的な理由

読書の大切さ・有効性というのは、子供だけではありません。

大人になっても、何歳になっても、読書という習慣は非常に有意義なものです。

また「読書家の親の子供は、読書家になる」傾向も見られます。

【知能は遺伝するのか?】頭のよさは”生まれつき”決まっているのか?それとも「環境」で作られるもの?

以上でも触れましたが、本がたくさんある家で育った子供は頭がいい傾向があります。

当然ですね。

常に何らかの知識に触れることができる環境は、あらゆる面で理想的です。

幼い頃の環境は、そういった部分も考慮すべきです。

「育児書」と呼ばれるものは、様々な種類・数えきれない数の本が出版されており
私も度々目を通しますが、賛成できる意見・反対する意見があります。

人間であれば当然であり

自分が間違っている・相手が間違っていることは前提で、自分の意見を持つことが大切です。

人の子は、人の子

自分の子は、自分の子であり

誰1人として、同じ子供はいません。

お母さんが「我が子にとって」ベストだと思うことを実践していくべきです。

このブログも、真に受けなくもいいです。

ただし、真に受けてくれると嬉しいですが。

大切なことは、”全て”を真に受けず・自分の考えを持つこと
あくまで、読書は人の人生・意見の<代理体験>であるという認識を持つことです。

>>本当におすすめの幼児向け通信教育教材究極の2選