⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【子供に歯ぎしりをやめさせる方法】乳幼児の歯ぎしりの原因と対策-「よくない癖」になる前に-

人間には誰しも「癖」と呼ばれる、慢性的な習慣・挙動があるものであり
それには様々な形がありますが、中でも「歯ぎしり」は特には珍しくはないものです。

もちろん、”いい習慣”とは言えないものであることは確かであり
特に幼い子供がずっと続けている場合には、心配になってしまうママさんもいるはずです。

物理的なダメージ

心配する要素は様々ですが、

「乳歯だから、どうせ生え変わるし、その前に治るだろうし」

といった楽観的な考え方も必要です。

しかし、やはり”癖”ということを考えれば決して望ましい状態ではなく
できれば治して欲しい、早めに治してあげたい、と思われることが当然のことです。

成長過程に起きる現象の1つでもある

「歯ぎしりの癖」というのは、実は誰もが「一度は通る道」です。

そのため、それほど心配する必要がないことでもあります。

というのも、

歯が生えたばかりの赤ちゃんが、まだ完全に生え揃わない年齢の幼児が
生え始めの段階で、”物理的な違和感”を感じるのは当たり前のことです。

そもそも「歯が生える」ということが、初めての経験なのです。

そういった、今まで経験したことのない状況・物体を舌で確認したり
噛み合わせて感触を確かめることは「ただの好奇心」であり、成長過程の1つです。

そのため、過度に心配したり・止めさせたりするよりも
徐々に習慣がなくなるまで、見守ることだけにしましょう。

情緒や自制心が未熟なために、ずっと続けてしまったり

  • 舌をずっと動かしてなめ回している
  • 指で触り続けている

といった行動が目立ちますが、どれも根本が同じものです。

また、指を<噛む>事に関して心配している方も多いようですが
「指しゃぶり」を含めた”口に手を当てるしぐさ”は、それら全てが通過儀礼の1つです。

むしろ、”必要なもの”と考えてもいいくらいです。

基本的には、神経質に心配する必要はありません。

”ずっと続く”のは問題

歯ぎしりに限らず、様々な「癖かも?」とも考えられる行動は
それがたとえよくないものだとしても、少しの間見守ることが大切です。

前記したように、幼ければ幼いほど

「ただの違和感や好奇心によるもの」

という可能性が高く、完全に無意識・本能的な習慣に過ぎません。

ただし、ある程度成長してきて歯が生え揃った後しばらく経っても止めない
注意してもやめない場合には、少し注意が必要になってくるケースも考えられます。

「どうしてするの?」

と聞いてみてから、

「よくないんだよ」

「痛くなっちゃうよ」

と、柔らかく諭すことがまず必要です。

そういったことは、すでに実践している方も多いはずであり

それでも治らない場合には、「永久歯」が生えてくる前に
少し本格的に、治すための働きかけが必要な場合もあります。

”突然”始まってしまうことも

歯ぎしりというのは、「ストレス」で起きることもあります。

特に、完全に生え揃った後に”改めて始まった”場合には注意が必要です。

子供を取り巻く環境から、何らかの悪影響を受けている
サインであるということも、考える必要があります。

もちろん「引っ越し直後」といった、環境が変わったことで
一時的にみられることも多く、”治れば問題ない”ものです。

一方で、5歳以上の歯ぎしりというのは「問題があるかも?」と考えるべき段階であり
そういった場合には、「マウスピース」を利用した治療等を取り入れる必要もあります。

ただし「原因」となっている要素を解決できなければ、根本的な解決とは言ません。

寝ている時にしている歯ぎしりはどうなの?

歯ぎしりというと、「悔しい」という感情が沸いた際に起きる(する)印象がありますが
特に幼い場合には、そういった感情を持たないで無意識に行うことがほとんどです。

それは「寝ている間」も同じことです。

幼い時期であれば、”指しゃぶりしながら寝ている程度”と考えましょう。

ある程度成長しているにも関わらず、という場合には
やはり、なんらかのストレスを想定する必要があります。

もちろん、”年齢”によって根本理由が異なるものです。

いずれにしても、鍵を握るのは”継続期間”になります。