⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【もう夫と別れたい】離婚したいと思っている女性に多い理由とは-バツイチ程度では全く恥ずかしくないから自分の人生を生きよう-

「晩婚化」が進んでいる現代ではありますが、一定の年齢を超えた女性ともなると
やはり結婚している人は多く、また「結婚暦」も年齢に伴って基本的に長くなります。

一方で、その”夫婦仲”はそれぞれであり・・・

未だにラブラブな夫婦

すでに険悪な夫婦

様々な夫婦関係が展開されています。

夫婦のカタチや、理想はそのカップルそれぞれであり
国や文化によっても、大きく異なるものでもあります。

しかし、その”カタチ”は結婚当初と現在を比べた際
大きく変化していることは、どのカップルも変わりないことだと思われます。

一緒に過ごした年月と、愛情、倦怠は関係があるのでしょうか?

”長く一緒にいるから”愛が深まるとは限らない

あるデータでは、

「本気で離婚しようと思ったことがあるか」

というアンケートに対し、女性の返答は

  • 結婚3年以内・・・45%前後
  • 結婚10以上・・・60%前後

という結果が出ています。

夫婦暦10年以上となるカップルにおける、その過半数以上の女性に
「離婚」という言葉が、頭をよぎった経験があるということになります。

このデータだけを見ると、結婚暦と愛情は反比例すると考えがちですが
夫婦暦が長いということは、”いろいろな”感情が沸くことも増えるものです。

強まるか薄れるかの別れ道

夫婦仲が悪くなる原因として、

  • いやなところが見えてくる
  • 付き合っていた頃や結婚当初と態度が変わった

という理由が多いようです。

しかしながら、これらはある程度は仕方が無いものでもあり
”これらを許容できるかどうか”が、愛情が薄れるのか・強まるのかの別れ道になります。

時の流れと共に夫婦仲が良くなるカップルというのは、
これらを許容し、更にポジティブに捕らえ
互いに感謝し、謝罪し、補い合うということができているようです。

そして、”子供の有無”が夫婦関係と離婚率に大きな違いが出ることは明らかです。

子供のいる家庭は、いない家庭に比べ、離婚率は低い傾向があります。

一方で、必ずしも”いたほうが円満”というわけでもなく
「子供がいるから我慢する」という、負の感情を抱いている人もたくさんいます。

実際には<現実的な判断>がされることがほとんど

子供の独立後の、「熟年離婚」の増加を予感させるデータもあります。

実際には、

「もうこの年だし、愛も無いけど、まあ悪くはない」

と考えている女性が圧倒的に多いようなデータが多く

「冷め切ってはいるけど、別れるほどでもない」

というカップルが大半のようです。

ちなみに、結婚式を挙げるカップルにとった
「自分達が目指す理想的な夫婦」のアンケートでは、

「おじいちゃん・おばあちゃんになっても手をつないで歩いている」

という返答が一番多いのも、なかなか考えさせされるものがあります。

<好きで一緒になった>はずなのになぜ?

以上のことから、

「プロポーズを受け入れようか・・・」

「そろそろ子供が欲しいけど・・・」

こういった悩みが、贅沢に感じてしまう女性も多いと思います。

”一生寄り添う”ことが叶わないことは、決して珍しいことではなく
日本をはじめとした先進国の離婚率は、年々確実に増加しています。

”好きで結婚したはず”の二人が別れるのには、もちろん理由があります。

「性格(価値観)の不一致」

という言葉は、非常に便利な言葉です。

「パートナーの浮気」と並び、男女共に「離婚理由」に挙げる定番の答えになります。

しかし、この離婚理由が正確に語られることはありません。

これは「初体験年齢」や「経験人数」といったものと同じく、”ブラックボックス”であり
”サバ”を読む人、嘘をつくこと(たとえ匿名であっても)が珍しくありません。

よって”正確な統計”といったものが、とれないものの1つです。

【夫が浮気している可能性がある】確実であると判明したらどうする?離婚?報復?和解?-調べる方法とそれぞれの適切な解決策-

「別れたいという意思」が一方通行の場合には注意が必要

この「性格(価値観)の不一致」は、離婚原因として認められないものでもあります。

両者が離婚を望んでいるのであれば、離婚は可能ですが
どちらかが離婚を拒否している場合には、この場合に離婚は成立しません。

「一方的な離婚の意思」は、認められないのです。

  • DV(家庭内暴力)を受けている
  • 侮辱的な言葉を毎日受けて精神が不安定になっている
  • 仕事に支障をきたすほど束縛が激しい

といった場合には、一方的な離婚が認められることもありますが
ただ「性格(価値観)が合わない」というのは、離婚の理由には不十分です。

「別れたい」と言っている側が、<ごねている>とみなされるだけです。

「なんかヤダ」は、通用しないのです。

結局は「不満の数」と「許容量」の関係

「性格(価値観)の不一致」という言葉には、様々な要素が含まれているものです。

  • お金に関する価値観(貯金・浪費)
  • 親の介護に対する価値観(同居の有無)
  • 自分達の老後に関する価値観(マイホーム・お墓事情)
  • そもそもの「家族」に対する価値観(子供の数・家の間取り)

「目玉焼きに何をかけるか」でさえも、価値観が関わるものであり

「何回使ったらバスタオル洗濯する」のか

「今年はどっちの田舎に帰省するか」のか

更に「子供の進路に対する情熱」というような、スケールが大きいものもあります。

すれ違いが多いほどに不満も大きくなり、やがて”許容できない”ことに気づき
更に「このまま行くのは無理」となった時に、離婚という言葉が頭をよぎるはずです。

お互いに愛し合って結婚し、月日が経つことによって
「相手と自分は、違う人間である」ということを忘れてしまいます。

そもそも、価値観は違って当たり前です。

その「当たり前」のことが許せなくなった時・・・

<許せない>ことに気づいてしまった時が、”終わり”の時なのかもしれません。

例えば”浮気”に関しても、発覚しなければ・気づかなければ
そのまま夫婦関係は続いたかもしれません。(浮気は、立派な離婚理由になりますが)

これも「異性交遊と夫婦関係」にまつわる、「価値観」の1つです。

もしかしたら、”昔は許せた”のかもしれません。

その場合は、”自分の方が変わった”いう可能性も考えてみる必要があります。

それと同時に、

「自分の人生は自分のもの」

ということも、決してお忘れないように。

バツイチくらい、バツニ程度は珍しい時代ではないのです。