⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【登校拒否の原因と解決策】子供が学校・幼稚園・保育園に行きたがらない-不登校や引きこもりになってしまった時の対処法-

「もっと、ちゃんと勉強して欲しい!」

「なんで、こんなにできないの・・・」

といったことを悩んでいるご家庭は、まだ幸せかもしれません。

”それ以前”の問題が発生し、非常に深刻な問題が発生しているケースがあります。

実際に当事者になれば悩まざるをえない、”まさかの事態”はたくさんありますが
そんな中でも、比較的珍しくはない「不登校」や「引きこもり」の問題
他人事から私事に変わった瞬間に、何とも言えない絶望感を感じてしまうものでもあります。

「幸福度」は、「学力」よりもはるかに大切なものです。

幸せになるためには、知識を身に付けることが最も効率的です。

一方で、幸せとは人(子供)それぞれであり、勉強以外にも大切なことはたくさんあります。

その中には「友達」といった人付き合い、また「社会」とのつながりが存在しますが
そういったものに子供がうまく馴染めず、困っている・悩んでいる家庭は珍しくありません。

その際には、言うまでもなく

「一番つらいのはその子」

といった視点を、決して忘れないで欲しいと思います。

そしてこの問題に関しても、学習と共通している要素があります。

それは「早く解決する」ということが、何より大切であるということです。

不登校・引きこもりの問題は、長引くほどに解決が難しくなることが現実です。

「なぜ行きたくないのか」をできるだけ”察する”こと

問題を解決するためには、必ず原因を知る必要があります。

知って、解決できるとは限りません。

それでも、とにかく把握することが大切です。

少しでも、解決に向けてアクションを始めることができることが重要です。

それが分かれば、苦労はしない・・・と思っている方も多いかもしれませんが
実際には、幼いほどに、それほど複雑なものではないことが現実です。

それは幼いほどに、「悩みの種」の種類が少ないためです。

ただし、言葉・感情表現がつたない時期だからこそ<くみ取る>必要があります。

<放置>すればするほどに、状況は悪くなります。

自分の言葉で言い表せない場合は、何とかして察する努力をするしかありません。

まずは、とにかく原因の把握が第一です。

基本的には<行かせる>ことを考えるべき

お母さん・お父さんが最も気になっているのは、

「無理に行かせるか否か」

ということだと思います。

基本的には、”行かせる方向で”考えるべきです。

これを当然のことと考える方もいれば、実際には賛否両輪があります。

もちろん、「学校に行く必要なんてない」という意見を持つ人もいるでしょう。

そうは言っても、親からすれば通って欲しいはずです。

だったら、行かせるために働きかけましょう。

それは、「行かなくていい」という状況を作った際には
<それ以降ずっと行かない>場合に、社会との断絶してしまうリスクがあるためです。

勉強ができないこと以上に、はるかに深刻です。

まずは「もう、行かない」という状況を作らないことが大切です。

もちろん、状況にもよります。

頭・お腹が痛いといった症状が見られる場合には、行かせるべきではありません。

「なんとなく行きたくない」と、「体が拒否している」という状態は全く別物です。

状況を100%理解することは不可能だけど

例として、

「いじめられている」

「先生が苦手」

といったことが原因となる、「典型的な不登校」の場合には
まずは「あらゆる手段」を使って、いじめ・教師の横暴を止めます。

物理的な被害に遭っている場合には、一時的に登校をさせない処置をとりましょう。

そして問題が解決した際に、また登校させること

「問題がなくなったから、また行ける」

という状況を作ることが唯一の解決法です。

また、どうしても解決しない場合には転向するしかありません。

しかし、全てのケースがそう単純なものではありません。

もしかしたら、いじめの内容もそれほど大したものではなく
先生に関しても、人によってはいい人かもしれません。

自分が悪いことをして、怒られたことが原因かもしれません。

しかしながら当人にとっては、もう行きたくないほどに、つらいことになっています。

こういった、”ちぐはぐ”なケースというのは非常に多いようです。

1つの判断方法としては、「行くことで実害があるか否か」で判断しましょう。

物理的な被害があるようであれば、”そこ”にはいかないことが正解です。

それ以外のケースでは、「なだめすかして行かせる」ことを優先しましょう。

「行った方がいい」ことを伝える

「学校(保育施設)に行きたがらない理由」に関しては、
学年(年齢)を経るほどに複雑になり、また解決の難易度も高くなってきます。

しかし、2歳・3歳・年少・年中といった時期に行きたがらないケースというのは
基本的には”寂しい”といったような、極めて単純な感情が理由がほとんどです。

もしくは、「生まれながらの人嫌い」というケースです。

「1人が好き」という言い方もあります。

人がたくさんいるところが苦手な子は、珍しくありません。

お尻を叩いて解決するのであれば、多少は叩いてもいいと思います。

”多少は”ですが・・・

しかしながら、実際には<話し合い>で解決する方が建設的です。

そしてその際には、ぜひ「将来の夢」のお話をすることをおすすめします。

「ウルト〇マンになるためには、幼稚園に行く必要がある」

というのは、冗談のようで最も効果のあるものです。

少し難しいことですが、「教育機関に通うことによるメリット」を伝えましょう。

”頭がよくなるため”でなく、「将来の選択肢」の話をしましょう。

「外に出なくなる」が最も避けたい事態

繰り返しになりますが、この不登校の問題は
「原因・状況によって、深刻度・解決法が大きく異なる」問題です。

ただし、絶対に避けなければならない事態が「家の外に出なくなる」ことです。

不登校が発展した状態として、「引きこもり」になる可能性が高まります。

そしてその時には、「1人で何もできない」という人間ができあがっています。

人間関係が築けなくなるということは、なかなか不便なものでもあります。

何より、引きこもりには「希望」がありません。

登校拒否(不登校)を”現実的に”解決していく

ここからは、もっと突っ込んだお話です。

「学校なんて行かなくてもいい」

といった元も子もない結論はさて置き・・・
子供が突然学校に行かなくなることは、親として心配になって当然のことです。

登校拒否や不登校には、「定義」といったものが存在します。

「年間3日以上」や「病気・怪我に関わらず」といった文言があるようですが
そんな定義を知りたいのではなく、やはり何らかの”解決法”を見つけたいはずです。

そしてそう考えた際、登校<拒否>というのは「行動」と言えるものであり

  • そうなってしまう原因
  • 解決可能であれば解決法

そして何より、そういった行動をとることによってやってくる”今後”のこと
将来的にどうなってしまうのか?を考えることが大切なことです。

「ただ、学校に行って欲しい」という気持ちでは、何の解決にもならないはずです。

もしかして、子供ことよりも”自分の体裁”を考えてはいませんか?

※あくまで子供目線、また第三者の立場からであることをご了承ください。

「環境と個人の相性」が大きく関わる問題

登校拒否が始まる原因としては、今も昔もやはり”いじめ”といった
対人関係によるものが多いものであり、また「先生が怖い」といったことで
学校という場所に対して、拒否感を持ってしまうことは比較的多い問題でもあります。

「あまりにもやりすぎな生徒指導」

といったことは、度々社会問題にもなります。

度々起きるこということは、おそらく永遠になくなりません。

そのため、こういった人・場所自体が問題であれば
その状態を解決するためには、「転校一択」という結論になります。

親が抗議したことで、もしいじめがなくなったとしても
「いじめられていたヤツ」というのは、事実として残ってしまうものであり
再発の恐れが十分にあり、またそういった環境は変えてあげる必要があります。

特に公立の学校の場合には、”ずっと”付きまとうことで
その後も、”やりずらい”という状況がずっと続きます。

ある意味でトラウマでもあり、早めにまともな人間関係が築ける場所に
通わせてあげることが必要であり、”運が悪かった”と考えるしかありません。

そして”いじめられやすい”のであれば、転校するだけでは根本的な解決になりません。

  • 強くなってもらう
  • 強くならなくてもすむ環境を与える

この2つしか、根本的な解決法はないはずです。

「病気」ならむしろ行かせてはいけない

いじめに関わらず、生まれついてコミュニケーションが苦手な人間は存在します。

しかし、「いわゆる対人恐怖症」は立派な病気です。

また対人恐怖症ではなくても、「抗えない拒否感」といったものがある場合には
何等かの神経症・精神的なトラブルが発生している可能性もあります。

「学校に行く時間になると、お腹が痛くなる(吐き気がする)」

といった症状は精神的な拒否感が、肉体に現れている何よりの証拠とです。

そういった場合に、無理に通わせることは確実な悪化を招きます。

むしろ、「行かなくていい」と言ってあげることが大切です。

また決して冗談ではなく、子供の不登校の原因を探っていたら
健康問題が発覚したという例は、決して珍しくはないようです。

健康面・精神面共に、医療機関に相談することが必要である可能性があります。

「それでも行くべき」と言える理由

「学校よりも、家にいたいから」

という理由から学校に行かなくなってしまうケースも、ないとは言えません。

これは”拒否”ではなく、<選択>ともとれます。

まして、

  • 家で学校以上の勉強ができる
  • 給食よりも自分で作った方がいい

といった感覚があれば、そうなってしまう可能性も捨てきれません。

しかし、それは「養ってもらえている」という立場がなせるものであります。

そのままでは、<自立>ができません。

いずれ、基本的に親の方が早くいなくなります。

そしてこれこそが、「登校拒否はマズイかも」と言える理由なのです。

<一人で生きる>ことができなくなるのです。

もちろん「登校の価値」は人によって異なるもの

将来どうなりたいのか?

と言っても、そんなもの決まっていない子供がほとんどです。

しかし今現在の状況というのは、将来の”可能性”に対して影響を与えるものであり
「基本的には悪要素である」ということを、しっかり諭すことが大切です。

これはある意味で脅迫になってしましますが・・・
学校にいかないことで、将来の選択肢の幅が狭まってしまことは伝える必要があります。

極端なことを言えば、「野球選手になりたい!」のであれば
学校に行かず、ずっと素振りをしている方が、ある意味で建設的です。

しかし、ほとんどの人がサラリーマンになります。

少なくとも、”雇われ”からのスタートなのです。

もちろん、「社会の目」といったものも気になることと思いますが
学校というのは、「マナー」や「人間関係」等を身に付ける機関でもあるのです。

いじめ問題に関しても、人間関係の負の部分と言えますが
大人になってからのいじめの方が、何かと大変なものです。

「耐性」を付けるためにも、行っておくべきなのです。

「サラリーマンになるための準備」というとマイナスなイメージがありますが
将来的に<普通に生きる>ためにも、”そのために通うべき”場所が学校です。

つまらない、くだらない場所かもしれません。

しかし、”日本における就職”にとっては「学歴」は非常に大切なことです。

「学歴なんか関係ない!」という方も見かけますが、
発言の主が成功者・著名人であればこそ、それを鵜呑みにしてはいけません。

当然理解されていることとは思いますが、それは「例外」です。

「絶望的な状況」になる前に踏みとどまるように

以上は、「言うまでもない常識的なこと」を長々と解説しました。

「どうしても通うことができない」という場合の解決策も考えおきましょう。

”引きこもり”に関しては、不登校と同様に考えられていることも多いですが
不登校だからといって部屋から出てこない、というわけでもありません。

「学校に行かず、友達とつるんでいる」のであれば、まだ救いようがあるかもしれません。

一方で、

社会との関係を断ち部屋に閉じこもってしまっている

というのは、かなり危険な状態です。

そしてそれは、年をとるほどに救いようがないものとなります。

部屋(家)から出ないで生きているということは、
ほとんどの引きこもりが「無職」であるように、自力で生活できない状態です。

もし、十分に資産(お金・土地)があるのであれば
何代か引きこもりが続いても、問題ないかもしれません。

もちろん、将来的に在宅ワークに就くという選択肢もあります。

「生まれついての人嫌い」であれば、ベストな選択でもあります。

しかしながら、”ある程度社会性を持たせる”ことも必要です。

「通信制の学校」もしくは<働く>

不登校の始まりは、早い(高校よりも中学)方が深刻であり
また早く復帰させることが、非常に重要なことになります。

しかし、完全に元通りには通えない状態になってしまっているのであれば
<通信制の高校を卒業する>ことが、最も現実的なことになるはずです。

「小中と不登校」だったとしても、通信制の高校を卒業できれば「高卒」です。

またその後に「大検」を受けることで、大学入試を受けることができます。

「中学校までダメ」だったとしても、「しれーっと大学に通う」ことが可能なのです。

通信制の学校を卒業したことは、”言わなければ分からない”ものであり
実際に世の中には意外と多く、昔ほどの偏見はなくなっています。

「無理に学校に通わせる」よりも、安全な選択肢かもしれません。

また15歳以上になっており、「高校に行かなくなった」といった状況あれば
<職業に就く>ことも選択肢であり、職人等は早ければ早いほどメリットでもあります。

「子供」が心配なのか?「自分」が受け入れられないのか?

冒頭でも挙げましたが、子供が不登校・登校拒否・引きこもりといった
<アナーキー>な状態になってしまった際に、まず考えて欲しいこと・・・

「子供のことが心配」なのか?「自分が嫌」なのか?を
しっかりと見つめなおし、もし後者なら考え直すべきです。

子供はそれを、完全にお見通しです。

「高校ぐらいは出ておいて欲しい」

と考えることは、確かに一般的な考え方です。

まともに生きてきた人ほど、自分の子供がまともではない行動をした際に慌てます。

それは、「恐怖」でもあるはずです。

しかしながら、子供の立場から見て

「なぜ自分を学校に行かせたいのか?」

その理由が「体裁が悪いから」といった場合には、ものすごくショックだと思います。

反抗してしまい、「意地でも行かない」ということになりかねません。

子供の将来のために、どうすべきか考えていること
また、一緒に考えるべきであることを伝えなければなりません。

「学校よりも、家にいたい」

というのは、ある意味でいい家庭ですが。

知能に関する心配は全くない!

登校拒否の問題に関しては、

「勉強が遅れるのではないか?」

ということを、心配している方もいるかもしれません。

しかし、実際には学校に行かない方が勉強は身に付くものです。

「通信教育」といったものも、非常に発達しており
万が一義務教育を受けていなくても、大学受験を受けることは可能です。

そのため、「大学で復活する」という選択肢もあります。

全然「セーフ」であり、検討する価値はあります。

※「家で学ばせる」と決意した方は

本当におすすめの幼児向け通信教育教材究極の2選

※長く使うなら「Z会」がおすすめです。

不登校における、”知能”に関する心配はする必要はありません。

ただし、「コミュニケーション能力」といったものは
実社会でなければ身に付かないものであり、後々苦労する可能性が非常に高いです。

そのため、やはり”行くべき”なのです。

学校という場所は、そんなに素晴らしいところではありません。

しかしながら、他に選択肢がないことも事実です。