⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

子供が自発的に勉強するようになるように”仕向ける”ための秘訣-よりより人生を歩ませてあげるために不可欠な要素-

「人生」と「幼児期の学習習慣」の関係性は、とても高いものになります。

これから先長く続く人生にとって、「知識(知性)」はとても大切なものです。

言うまでもなく、当たり前の事実です。

もちろん、勉強は「受験」や「就職」のためにするためのものではありません。

しかしながら、それらに直結するものであり
”それら(学歴とか)”こそが、人生に直結していることも確かなことです。

そう考えた際には、幼児期という限られた時期は非常に貴重であり
「幸せな人生」を作るためには、ぜひ活かして欲しい時間なのです。

「頭がいいから幸せ」ではありません。

いい大学、いい会社に入ることが、そんなにいいことでもありません。

しかしながら、ただ1つ言えることは・・・

”頭がいい”ということは、人生において、あらゆる事態・環境において
<楽しく生きる>ということをするための、大きな武器になるものです。

言い方を変えれば、「頭が悪いとよくない状況になりがち(作りがち)」なのです。

”知能”とは「人生」を<設計>するためのもの

もちろん、人生は「その時が楽しい」ということにも価値があります。

特に幼い時期の思い出は、何よりもかけがえのないものと言えます。

しかしながら、同時に将来に向けた準備のための最も大切な時期でもあります。

難しいかもしれませんが、「今」と「先」の「両立」が必要です。

なぜ勉強するべきなのか?という話に関しては、以下でまとめています。

【なぜ子供に勉強させるべきなのか?】できるだけ早くて幼い時期から知育教育をするべき理由

ぜひ、ご一読を。

勉強”させる”のでは意味が半減してしまう

問題は、お母さん(お父さん)自体が

「今そんなにする必要がある?」

「楽しい時期に」

という場合や、また反対に

「今、勉強させなきゃ!」

「今のうちに、やれるだけ」

といった、両極端なケースです。

そもそも本来であれば、させる・させないと考えるべきものでもありません。

<しない>よりは、<する>方がいいに決まっています。

しかし、本当に大切なのは”自発的に”学習をすることです。

そたために、<そう仕向ける>ということが大切になります。

何よりも強い「習慣」を作る

幼児期というのは、遊びたい盛りであり・・・

と思いがちです。

一方で、同時に<何かを身に付ける>ということも快楽でもあります。

「勉強がつらいもの」というのは、”思い込み”である可能性も考えましょう。

子供は「知らなかったことを知る」ということが大好きです。

<学ぶ>ということに関して、まだ”勉強”という概念がありません。

勉強という概念が作られる前に、様々な知識を吸収させてあげることが大切なのです。

「学ぶことが好きになる」

「好奇心を抱きやすい感受性を養う」

この2つを、ぜひ意識して接して欲しいと思います。

そして、それを<習慣化>することこそが最終的な目的になります。

習慣とは、好き・嫌いではありません。

「寝る前に歯を磨く」

「ウンチをしたらお尻を拭く」(ちょっと違うかも?)

その行動を”当たり前”の状態にすることが、一番強い拘束力を生みます。

そうすることで、これから先の様々なシーンで”楽”になります。

例えば、

「テスト勉強」という概念ではなく、当たり前の習慣の延長に過ぎない状態になります。

習慣とは、無意識に行う自発的な行為です。

「歯を磨きなさい!」と言われなくても、当たり前のように磨くこと。

「勉強しなさい!」と言われなくても、当たり前のように机に向かうこと。

ただし、「歯磨き」に比べて「お勉強」を習慣化することは難易度が高いものです。

同じくらい簡単なら、誰も苦労はしません・・・

それだけ、学習習慣を身に付けることは難しいものなのです。

  • 生まれながらに机に座ることが苦手
  • 「得点」という指標が苦手
  • 「競争」になったとたんにやる気をなくす

そういった”個性”を持っているケースもあります。

何より、幼児期特有の気難しさ(ご機嫌)に左右されるものでもあります。

簡単に”嫌い”になってしまうリスクがあるのです。

<操縦>が難しい時期ということを前提に、

  • 機嫌が悪い時は学習から離す(機嫌がいい時の行動はいい思い出になる)
  • 時間帯を調節する(長い時間ではなく短い時間で何回かに分ける)
  • とにかく褒める(その都度目標を調整する)

こういった匙加減を、うまくやるしかありません。

「させた方がいい」ことに違いはない

「して欲しい」と「させるべき」というのは、ニュアンスがやや違いますが
基本的な方向性は同じでことあり、”どちらにしてもいいこと”と言えます。

子供の立場から考えた際には、「するべき」と言えます。

しかしながら、子供は”きっかけ”がないことには進めないことも多いものです。

あくまで、<教える>という考え方で十分です。

  • 無理をさせないこと
  • できないことに焦らないこと

何より、知識を身に付けさせることも<コミュニケーション>であり
子供の性格・嗜好といったものが、観察しやすいメリットもあります。

繰り返しになりますが、幼児期に学習習慣を身に付けるさせることは
「後で苦労しない」という、人生を生きやすくすることが目的なのです。

「今」だけでなく「先」を考えて、ペースを作っていきましょう。

>>本当におすすめの幼児向け通信教育教材究極の2選