⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【後悔しない子育て】育児の過程に一番必要なこととやってはいけないこと-「正解」はないからこそ「自己満足」に注意-

「全く後悔のない育児」

というのはあり得ないはずであり、いくらお金や愛情をかけたとしても
後から思い出して、”100%納得できている”親というのは存在しないはずです。

そもそも、「正解」がないものに取り組んでいるのであり
「こうすれば間違いない」というものが存在しない以上、間違えて当たり前でもあります。

・・・なんて、綺麗ごとを聞いても

やはり、ため息が出てしまう方も多いと思われます。

しかしながら、実際の子育てには喜び・充実感と同じくらい悩み・苦しみも多く
子供への思い入れが多いほどに、”後悔もひとしお”となってしまうことになりがちです。

ここでは、”ああすればよかった”と思いがちなことと
そして、そういった考えに対しては”疑問を持つべき”というお話です。

先輩ママ・パパが後悔していることとは

”後悔”と言うからには、すでに”過去のこと”となっています。

本来はであれば、「子育てを終えたママさん」の意見を参考にすべきです。

しかし育児とは日々新しいことの連続であり、つい昨日のことでも残念に思ったりと
”いつのことなのか”ということに関して、明確な基準にするのは難しいものです。

後悔している内容は無限にあるはずであり、1つとして全く同じものはありません。

また「子育ての卒業」と聞くと、18歳以降をイメージしがちであり”長い”です。

そのため、ここでは「乳幼児期」に関するものを対象にします。

「一緒にいたかった時間」と「見ていたかった瞬間」

最も現実的なものとしては、

「目を離したすきに怪我をさせてしまった」

といったことが、深い後悔となるようです。

赤ちゃんの肌は柔らかく、ちょっとした傷であって
も一生残ってしまうような、”痕”を作ってしまうことになることも多いです。

特に女の子の場合には、「申し訳ないことをした」と思い続けてしまう方も多いようです。

以上はやや極端な例ですが、

「もっとちゃんと見てあげたかった」

という意見は、実際に多いです。

特に早い時期から、共働きで働いていたご家庭というのは

  • もっと幼い(かわいい)時期に話をしたかった
  • 話を聞いてあげたかった
  • 寂しい思い(保育施設に預ける預ける)をさせてしまった

といった意見が、定番のものになります。

そして、これらに共通している要素が「時間」です。

コミュニケーションに必要なのは、言葉ではなく時間です。

「できるだけ同じ空間で同じ時間を過ごす」

ということは、後悔を減らすための鍵になることのようです。

これらに似た内容として、

「もっと写真を撮るべきだった」

というものも、少し前までは典型的な後悔と言えるものでした。

「残しておきたかった」という、戻れない・残せなかった二重の後悔でもあります。

現代においても、過ぎた時間には戻れないことには変わりなく
”スマホがあればいつでも撮れる”からこそ、油断せずに意識しておきたいものです。

「やりすぎてしまった」という反省

一方で、

  • 怒りすぎた
  • 口うるさく言い過ぎた
  • 自分の機嫌の悪さから感情的になった

特に「1人目の子育て」の際に、よく見られる典型的なものです。

一方で「甘やかしたことによる後悔」というのは、厳しくしすぎたことに比べて
比較的早い段階で”結果が返って来る”ことから、後悔する時期も早くなるようです。

「自分達の満足感」とは別に考えるべき問題

そもそも、”後悔”という感情は

  • 主観的なものであり
  • 自分が勝手に悔やんでいる
  • 相手(子供)は何とも思っていない

という可能性もあります。

つまり、後悔していない、完璧にこなした(と自分で思っている)としても
実際には子供の方が不満を持っている、というケースも考えられます。

本来は、”どう受け取られているか”が大切なのです。

一方で”神経質”になるのは避けるべきであり、その”匙加減”こそが子育てでもあります。

【赤ちゃんもストレスを感じたり溜めたりするの?】神経質な育児が子供を神経質にしてしまうのは当たり前のこと

「お金」にまつわる後悔を防ぐには<備える>しかない

最も突かれたくない内容に、「お金」の事情が絡む後悔を挙げることができます。

  • 習い事をさせてあげあれなかった
  • 塾に行かせてあげられなかった

といったものです。

お金は子育てにとって、愛情と同じくらい大切であると言えます。

お金にまつわる後悔というのは、子供の人生を通して<尾を引く>ものです。

しかし、この問題は<備える>しかありません。

「貯蓄」に加え学資保険等を利用したりと、可能な限り何でもしておくべきです。

せひ、早めに検討しておきましょう。

「まともな育児」をするために必要な金額とは-幼稚園から始まる「教育費」は最後までいくらかかるの?-

親子と言えど「人間対人間」の関係

子育てにおける後悔は、「2~3歳の時くらい」の内容が最も印象に残るようです。

この頃というのは、一番かわいい時期であると同時に「自我」が形成される時期であり
”赤ちゃんに対するお世話”ではなく、「人間対人間」と言える付き合い方が始まります。

この時期はイヤイヤ期でもあり、「ついカッとなる」ということが起きやすいものです。

もちろん、ママもパパも人間です。

”機嫌”によって、対応が違ってしまうこともあるはずです。

しかしながら、その時期の子供というのは「相手に心の動き」に非常に敏感な時期であり
後悔すること以上に、その時に”子供にどう思われるか”を意識して欲しいと思います。

”後で”自分がどう思うかではなく、”その時に”子供がどう感じたかの方が大切なことです。

まずは「自分ではない人間」と認めることが必要

「こんな人間に育てたい」

我が子の成長に、明確なイメージを持っている親御さんもいらっしゃると思います。

それは、

「頭がいい人間」に育てることでしょうか?

「足が速い人間」に育てることでしょうか?

実際は、頭がいい・悪いなどということではなく

「優しい人間」になって欲しい、というものが本心であるはずです。

性格がいい人間・優しい人間に育ってくれるのが、人間として一番嬉しいことです。

親も人間であり、様々な人間と出会い子供を生んで、今に至っているはずです。

親である自分達が生きてきた中で作られた「いい思い出」というのは、
一緒にいていい気持ちになれる、優しい気持ちになれる人間と過ごした時間だと思います。

自分の子供も、そんな人間に育って欲しいと願うのは当然のことです。

【子供の性格はいつ決まる?】人格の良し悪しは幼い時期なら矯正できるの?-「性格がいい子」に育てる秘訣-

特に「母親」は要注意!

至極、常識的なことではありますが・・・

自分の子だから許す・自分の子だから許さない

という態度や、性格などもあると思います。

特に出産したての女性は、妊娠中に長い間一身同体だったため
「自分と赤ちゃん」を、”同じもの”と考えてしまう傾向があります。

その延長に、いつまでたっても1人の人間として見る事ができない方もいます。

そのままでは、子供にも自立心というものが育たなくなってしまい
”いつまでも子供のまま”になってしまう傾向があります。

わがままだったりと、自己中心的なメンドウな人間になってしまう恐れがあります。

優しい人間になるためには、自立心が必ず必要です。

自分のことを自分でできないようでは、人に優しくすることはできません。

一度冷静になり、「自分の子供」という目線ではなく「1人の人間」として
自分の子供はどんな人間なのか、どんな人間に育ちそうなのか考えてみることが大切です。

子育てにも、客観性が必要なのです。