⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【夫が浮気している可能性がある】確実であると判明したらどうする?離婚?報復?和解?-調べる方法とそれぞれの適切な解決策-

”ある程度”の恋愛経験がある方、長い夫婦生活を送ってきた女性であれば
「男女間」のトラブルは、経験したことはある方も多いと思われます。

もしかしたら、”初めて”という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・

やはり最も典型的な男女間のトラブルとして、「浮気」に関わるものがあります。

「どちらがやったにせよ」

静かに収まるものではない、典型的な修羅場です。

そして、そうは言ってもやはり”男性がやった”浮気の割合は圧倒的に多く
夫の浮気に泣かされた、今現在悩んでいる、という女性はいつの時代もいなくなりません。

浮気されたらだいたいみんなどうするものなの?

もし、夫である「人生のパートナー」が本当に浮気していたとして
その時に、「妻である自分」がどういった行動をとるのか・・・

いざ起きた時にすること、考えうる要素は様々なものがありますが
実際には、<許す>と<即別れる>という判断は半分半分くらいなのでしょうか?

「夫」でなく「恋人」の場合は、分かれることが多いようですが
すでに「夫婦」という、書類上・世間的なポジションがある場合には
”即分かれる”というのことも、なかなか難しいことが現実です。

「もしされたら絶対許さない!」

と常日ごろ思っていても、いざという時には「子供の有無」等の要素も関わります。

また、現実としては「1回目は許す」という女性が大半であるようです。

「意外・・・」と思われた方は、多いでしょうか?

もちろん、実際にされたことがある・無しでは違いがあるものです。

どちらに共感するかは、人ぞれぞれになりますが
もちろん、中には「何があっても絶対に許さない」という女性もいるはずです。

本気で叩きのめす!と決めたら

「極めて疑わしい」

というよりも

「ほぼ確定」となった際に、<しかるべき対処>をすることを決めたら

「証拠を掴んだうえで問いただす」

ということが、最も大切です。

「問いただした後」の展開は、夫婦それぞれですが
相手に対して「分かっているんだからね!」と突きつける必要はあるはずです。

しかし、その際に”証拠がない”ことは不利です。

「99%」の確証が必要であり、必要なものは手に入れるしかありません。

証拠を掴むためには「調査」が必要であり、
主に<尾行>という手段によって、行動を把握することが中心になります。

「素人」である、主婦にはなかなか難しいことであり
そういったことは、やはり「プロ」に相談することが現実的です。

「探偵」と聞くと、映画や小説の中の話と思う方も多いかもしれませんが
実際には、「探偵事務所」というのは思っている以上に多く存在しています。

ひと昔前は、確かに「怪しい」というイメージ通りの事務所も多いものでした。

しかし、最近では「明朗会計」な事務所が増えています。

特に「浮気調査」を得意とする事務所は、女性スタッフが多い傾向があり安心です。

とにかく”はっきりさせる”ことが大切

実際に、「ここまでやる」と言う女性は、

  • それまで我慢してきた(不満が多かった)
  • 心の底から夫を愛してた

2つのうちの、どちらかだと思われます。

特に後者の場合には、やりきれないことも多く
また前者の場合に関しても「あの野郎!」と、怒り心頭なはずです。

せっかく<探偵を雇う>ことが、特別なことではなくなってきています。

自分が本当にしたいことが、はっきりするきっかけにもなるはずです。

とにかく、”やる”と決めたら徹底的にやりましょう。

いずれにしても、

「知っているけど、知らないふり」

という姿勢は、いずれ必ず破綻します。

「浮気」とは

夫婦仲というのは、夫婦によって非常に差があるものです。

おじいさんおばあさんになっても、手をつないでいられる夫婦もいれば
入籍後、半年も経たずに関係が悪化しまう夫婦もいます。

堅く結ばれたはずであっても、結局は他人同士であり
いずれにしても、完全に分かり合うことは難しいものです。

そして、この夫婦仲をこじらせてしまう出来事の最たるものが”浮気”です。

「性格の不一致」と並び、離婚理由の大きな割合を占めている問題です。

「なぜ」という”理由”に関しては、「魔がさして・・・」という回答が最も多くなります。

そもそも、「浮ついた気持ち」です。

「なんとなく」としか言えないことも多いようです・・・

しかしながら、実は「夫婦関係(が悪化していた」というケースや
「夫婦の営みがなくなってしまっていたから」というケースも多いです。

「多くの交配相手を見つける」という”本能”は、
確かに”言い訳”ではありますが、実際には全く関係がないわけではなさそうです。

”本能が強い人”も、いることはいます。

いずれにしても「不満」と「性欲」が、大きく関わっていることは間違いありません。

「そういう人だった」というのは悲しいことですが、それも事実である場合があります。

そもそも”どこから”浮気になるのか?

「何をしたら」

「どこから」

浮気の基準は、あくまで女性側(男性側も)の主観の問題になります。

”2人きり”で食事をしたらアウトという人もいれば、
「手をつないだら」というスキンシップが境目になることもあるようです。

しかし、やはり・・・

「性行為」は「100%アウト」

という人が、ほぼ全員のようです。

それ以上のことはなく、当然と言えば、当然ですね。

浮気が始まる傾向のある時期とは

結婚後にいつから浮気が始まるのか・・・

”やった側”は「正直に暴露しない」ため、不明なことが多い要素になります。

また、

  • いつから始まったのか
  • いつ発覚したのか
  • どのくらいの期間続いていたのか

というのは、実際には本質的なことではありません。

ただし、”始めちゃう”時期に関しては
「3年目の浮気ぐらい多めに見ろよ」という歌詞の歌があるように
3年目というのは、”うっかり”してしまう時期でもあるようです。

あらゆる理由で、「3年目だし(3年経ったし)」と考えてしまう男性も多いようです。

”何か”あるかもしれない、始まるとしたらこの時期に注意すべきかもしれません。

また意外にもこの次に多い時期が、入籍から1年目ということであり
結婚式と重なる時期に発覚し、そのまま「破談」となるケースもあるようです。

不倫相手と出会う場所に関しては、「会社」が圧倒的に多く
次に「飲み屋」や「キャバクラ」といった、”夜の街”での出会いになるようです。

浮気の”処理”は結局どうすればいいのか

「どう<けじめ>をつるか」に関しては、夫婦それぞれの問題になります。

他人を参考にする必要はなく、”自分達のケース”として対処しましょう。

ただし、”傾向として”は「1回目は許す」という女性は意外にも多いこと。

これは「パートナーへの愛」よりも「子への愛」を優先するケースが多いためです。

「パートナーを完全には許さない」という気持ちの一方で、
「子供達のために分かれない」というのは、子供のことを考えればうなずけます。

残念ですが、次(子供の未来)の方が大切です。

いずれにしても、何よりも”証拠”が重要な鍵を握ります。

”疑い”や<懸念>の状況では、「もやもやするしかない」ことが現実です。

白黒は、付けるべきなのです。