⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【学力格差の対策】子供の学力を順調に高めていくための効果的な方法-苦手な教科を減らすよりも好きな教科を増やしていく-

「勉強はできた方がいいに決まっている」

当たり前の話です。

もちろん、世の中は勉強が全てはではありません。

しかしながら、

事実として、「勉強ができる子」というのは有利であり
勉強以外のことに関しても、勉強ができない子よりもスムーズにこなす傾向があります。

「勉強ができることが、そんなに価値があるのか?」

と言う人もいますが、そういった人はきっと勉強ができなかったのでしょう。

そもそも、勉強を否定することに意味がありません。

一方、愛する我が子を育ててみて・・・

知育というのは難しいことだ

ということを、実感したお母さんも多いと思います。

でも、必要なことです。

全ての学習の基礎であり、幼児期に身に付けるべき能力とは

  • 記憶力
  • 計算力

突き詰めると、結局はこの2つになります。

これらの基礎を、”学校の勉強が簡単なうちに”身に着けておくことが必要です。

生涯を通じて、大切なことになるのです。

でもでも、

言うは易し、行うは難しです。

そんな簡単にいくのであれば、みんな秀才です。

それでも、少しでも周りよりも”リード”することが重要なのです。

「昨日より今日」そして「今日より明日」の成長

日々、一歩でも前へ。

これが全てです。

最も大切であり、最も難しいことです。

お母さん(お父さん)の、「調整力」が問われます。

具体例を挙げれば、

計算ドリル等を利用した「正解率」と「スピード」が問われる学習

こういったことを実践する際に、「最初の点数」は気にする必要はありません。

また、<劇的な改善>も考えなくてけっこうです。

「次解く時」に1問でも正解が多く、1秒でも早く、ということが大切なのです。

もちろん、「3歩進んで、2歩下がる」でも大丈夫です。

少しずつでも、前進していることが大切なのです。

お母さん・お父さんの中には、中学校くらい記憶として

  • 「60点以下」だったら、次は「せめて80点」
  • 「92点」だったら、次は「100点」

こう考えることが、一般的だったはずです。

もちろんこういった考えは、ある程度成長した際に必要になります。

しかしながら、幼児期にそれは必要ありません。

次は61点、93点でいいのです。

最初が0点なら、次は1点で大丈夫です。

焦る必要はありません。

100点以上はなく、また1秒で100問解けることはありません。

「現実としての限界」があります。

もちろん、時間以上、点数以上の成長はあるかもしれません。

そんなことより、「新しい段階」を常に目指していきましょう。

少しでも「毎日違うメニュー」をこなす意味

昨今、「他動力」という言葉が非常に話題です。

賛否両論あるかもしれませんが・・・大切な考え方です。

この多動力が、最も優れているのは間違いなく幼児期です。

その時期を逃すのは、非常にもったいないです。

特に上記した計算能力等は、その能力を”ゼロからイチ”にすることが重要であり
できるようになった後にスピードを高めるには、ひたすら反復するしかありません。

それよりも、

「別のことをイチにしていく」

ということも、同時に考えていきましょう。

何らかの「公式」が身に付いた後には、別の公式を教えてあげるのです。

<応用>こそ「近道」

一桁の足し算ができたら、掛け算はすぐにできます。

「同じ数字を足す」だけだからです。

そして掛け算というのは、ある段階でその答えが二桁になります。

4×2=8ですが、4×3=12です。

そして次の4×4というのは、4×3+4なのです。

つまり12+4=16という考え方ができます。

この時点で、2桁の足し算ができるようになってしまうのです。

この簡単な思考法を、早い段階で授けてあげましょう。

更に掛け算には、割り算の概念が含まれていることから
割り算ができるようになることで、掛け算のスピードが速くなります。

また算数の問題を理解するためには、国語力が必要です。

「問題の意味が分からない子」は、話にならないのです。

全てつながっています。

だから、「できるだけ多くの科目(ジャンル)」に手を出すことが有意義なのです。

もちろん、「極めてから次に行くべき」という考え方もありますが
この世の学問において、その科目を<極めた>という人は存在しません。

突き詰めるのは、「大学」に行ってからで十分です。

幼い時期こそ、いろいろ手を出させましょう。

子供の「学力」は何歳まで伸びるのか?-知能の段階別に分けた効率的な学習法-

「異種格闘技戦」は劇的に成長を促す

「ゼロがイチになった強化がたくさんある」

という状態になった後は、毎日違うことを少しずつ行う習慣をつけましょう。

  • 今日は算数
  • 明日は国語

よりも、両方・できるだけ多くのジャンルを毎日実践しましょう。

最初の段階では、<打ち込む>ことも必要である一方で
<視点をかえる>ことで、何事も一気にスムーズにいけることがよくあります。

うちの子、全然できるようにならない・・・というお母さんもいるかもしれません。

しかしながら、もったいないことをさせているのはお母さんかもしれません。

とは言っても、

関心がある時点で十分であり、少しずつでも前に進めばいいものなのです。


とりあえずは「好きな教科」を徹底的に伸ばしていく

「幼児教育にとって最も大切なこと」を考える際には、
取り入れるべきこと・参考にすべきことは、無限に存在します。

忘れてはならないことは、”幼児”というのは未熟な存在であることです。

この時期は「性格」を含めて、どうにでも変わる(変えられる)時期であり
いわゆる「真っ白な状態」と言える、考えようによっては”危険”な時期でもあります。

この時期に絶対に避けたいことは、”勉強を嫌いになること”であり
その後の学力の伸びに対し、非常に悪い影響を与える要素になります。

人間は、嫌いなもの・不快だと思うことをしないものです。

「好き嫌いなく食べなさい」と子供に言いつつも・・・
自分は嫌いなものは食べない、という方は多いと思います。

自分で言っている癖に、”当たり前のように”避けますよね?

大人は自由です。

大人の特権でもあります。

しかしながら、小学校~中学校の義務教育の期間、それを卒業した後にも
高校・大学受験が現れ、「好きでもない教科」を勉強しなければならない時期が続きます。

これは避けられないものであり・・・
そうであれば、苦痛に感じる教科を減らしてあげることを考えていきましょう。

嫌いなものは、やる気が沸きません。

特に子供というのは、その傾向がより顕著です。

しかしながら、”学校”という機関はそれを許しません。

「算数やだな」と思っていても算数の授業はありますし、
「テスト」や「受験」という、避けられない壁が現れることになります。

嫌いなのに、やらなければならないのです。

そういったリスクを避けるためには、「好きなもの(教科)」を伸ばしてあげることで
先に「勉強」に対する抵抗感を、減らすことを優先しましょう。

「嫌いな教科」を克服するためには、
”学ぶ”ということを、抵抗感なく受け入れることが必要なのです。

「個性」だと思ってあきらめることも必要かも?

なんで嫌いなのか、苦手なのか、明確に答えることが難しい問題です。

1つには、「できないから」という理由も考えられますが
これは「後付け」にすぎず、「挑戦したけどダメだった」という結果が影響しています。

しかしながら「挑戦する気にもならない」という場合、これはもう仕方がありません。

それも個性です。

「なんでうちの子は、やろうとしてくれないんだろう・・・」

と悩むのでなく、”やる気”の見られる対象を、突き詰めさせてあげましょう。

まずは、「好きなこと」を飽きるまでやらせます。

”苦手なことがない”ということも素晴らしいことですが、
同じように、”一芸に秀でる”こともまた魅力的なことです。

とは言え、なかなか特定の学習に関しては興味を向かせることが難しく・・・
「これは身に着けて欲しいな~」というこさえも、試みないこともあるかもしれません。

本来であれば、「どちらかというとメリットのあること」をやって欲しいはずです。

「数独」とか。

しかしながら、そういった対象は興味が向くこと自体が珍しいものです。

個人的なおすすめは、「将棋」です。

将棋は「理論」であり、<予想>するためには”計算”が必要です。

「こうしたら、こうしよう」

「この手は、いつ使うか」

論理力を高めることで、他の「実践的な学習」に関しても難易度が下がってきます。

とにかく「やっていること」を褒める

褒められると、気持ちがいいものです。

「私って才能あるかも?」と思った経験は、誰にでもあるはずです。

そういった、「素敵な勘違い」をさせてあげましょう。

そのためのアプローチに関しては、以下の記事を参考に

【子供の頭が良くなる生活習慣とは】とにかく本を読んで・食べて・寝る-幼い時期こそ正しい褒め方の加減が大切-

「好きなこと」は早めに極めさせる

”効率”を考えた際には、「できることから、さっさとやる」ことが大切であり
仕事で言えば、「早く終わることから、片付ける」ということになります。

人間は「簡単なこと」を求めるものであり、軽くこなせることを優先します。

それを褒められれば、次のステップに向かうための”挑戦心”も芽生えるものです。

これができるなら、あれもできるだろう。

あいつができるなら、俺もできるはず。

稀に「弁護士」と「医師」の両方の資格を持つ人がいます。

例外なく「好奇心旺盛」であり、「負けず嫌い」です。