⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

子供の頭が良くなる栄養素と食事のメニュー-朝ごはんをちゃんと食べる子は勉強ができるようになるのは本当なのか?-

「食べるだけで頭が良くなる食べ物は存在するのか?」

お父さん・お母さんも、生まれてきてから1度は考えたことがあるはずです。

テスト・試験の前や

「もう少しで志望校に受かるのに!」

といった状況において、頭に浮かんできた経験はないでしょうか?

それがいつしか、

「”食べさせれば”賢くなる成分・食材はないのか?」

といった、”子供のため”の考え方に代わってくるはずです。

特に毎日の「献立」や「お弁当のおかず」を考えることの多いお母さんは、
なんとな~く、日々の中で一度は考えたことがあるはずです。

果たして、そんなメニューは存在するのでしょうか?

成長著しい期にこそ摂取しておきたい成分

<食事>は、”ただ生きていく」うえでも欠かせないものになりますが
こと、幼い時期というのは<成長>するために必要な習慣になります。

「朝ご飯を、しっかり食べるべし!」と言われている理由は、
幼い時期であれば「栄養補給」が、何よりの目的になります。

そして「成長過程」に摂取することによって、
”頭が良くなる”ために働きかけることができる成分は、確かに存在します。

それは「DHA」と呼ばれる栄養素であり、お母さんも一度は耳にしたこともあるはずです。

「記憶力」と「神経」を発達させる「DHA」

このDHAとは、主に「青魚」に含まれている
「不飽和脂肪酸」という、身体へのメリットが多いとされる脂肪酸のことです。

最近では、「アマニ油」等がブームになっていたりします。

また「EPA」とセットで紹介されることも多く
役割は微妙に違いますが、最終的な作用は非常に近いものがあります。

メディア等で注目されている、これらのメリットとしては”血液をサラサラに”することで
「動脈硬化」を防ぎ、それによって「脳卒中」や「心筋梗塞」を予防するという働きです。

しかしながら、そういった「血液」に働きかける作用と共に
DHAには「神経伝達」を正常に行わせるための働き、
また、「記憶力」を保つための効果もあるとされています。

そのため、「認知症(痴呆症)」といった症状に効果がある考えられています。

脳・神経といった、「考えるための組織」を正常に保つために効果的な成分なのです。

”幼い”からこそ意味がある

人間は、ある一定の時期を過ぎてしまうと
脳細胞というのは、”あとは壊れていくだけ”という状態になります。

「新しいもの」は、作られないのです。

そのため、”いかに食い止めるか”ということが大切になってきますが
「幼い時期」であれば、どんどん新しいものが作られていき
「質のいい脳(神経)細胞」を多く作った方が、知能にとって有利であるとも考えられます。

”頭のよさ”とは「記憶力と神経伝達の速さである」という一面もあり、
そのためDHA(EPA)を十分に摂取し、決して不足しないことが大切になります。

「DHA(EPA)」をいかに摂取するか

このDHA(EPA)を、どうやって摂取していくのか
効果的な献立・メニュー考えることが、子供の知能の発展に必ず役立ちます。

DHA(EPA)を満遍なく摂取しやすい食材・・・

青魚(サバ・イワシ・アジ)、マグロ、うなぎ、カラスミ、アンキモ

ナッツ類、レバー、アマニ油等(いわゆるお高い油類)

見てわかるように「ちょっと特殊な」食材、また少し高価な食材
何より「脂肪酸」であるため、「脂質」を含んだ食材が目立ちます。

DHAを含んだ食材をメニューに取り入れる際には
その特徴から「食べ過ぎ」に関しても、注意する必要があります。

青魚等は、本来であれば「生食」をおすすめしますが
生魚は微量ながら「細菌」「水銀」を必ず含んでいます。

当然、幼い時期にはより注意が必要です。

人間の体が「子供ではなくなる」のは、「15歳」とされることが多く
15歳未満の体というのは「未成熟」であり、油断してはいけません。

また食べ過ぎが招く「肥満」も注意しましょう。

現在、この「DHA(EPA)」がブームになっていることで市場も盛り上がっており
幼いお子さんのためのアイテムも、信用することができる会社から販売されています。

「魚が嫌い」また「偏食」の傾向のあるお子さんに、
”せめて栄養素は摂取して欲しい”と、考えるのであればおすすめです。

「サプリ」といったものに抵抗があるのであれば、用法容量の半分でも構わないと思います。

とにかく、”成長しているうちに”ということが重要です。

知能と体の成長のためにおすすめのお子様向けサプリ

食事では十分に摂取することができない不足しがちな栄養素に関しては
”サプリ”の利用が一般的となっており、親御様の中にも利用している方も多いと思います。

「栄養度ドリンク」に関しても、サプリと同等と考えれば
一度も飲んだことがない、ということは非常に稀であるはずです。

その信用性・効果に関しては、疑っている方もいるかもしれませんが
実際に”足りない”という場合には、非常に有効なものであると言えます。

ここでは、「子供向けサプリ」を紹介したいと思います。

「子供にサプリを飲ませるの?」と、抵抗感・拒否感を持つ方もいるかもしれませんが
「カル〇ス」や「ヤ〇ルト」は、ある意味「ドリンク型乳酸菌サプリ」と言えます。

サプリとは、ただの「食べ物」です。

薬ではないため、過剰摂取(極端なものを除く)をしてしまった場合も
大事に至ることはなく、更に言えば日本の安全基準は世界トップです。
(厳しすぎて、非常に有効なものでも禁止されているほどです。)

幼く、栄養素が特に重要な働きをする時期だからこそ利用するべきなのです。

「成人(一般)用」も含め、「DHAサプリ」は非常に多くの種類があり
迷ってしまうほどですが、ここでは特におすすめのアイテムだけを紹介します。

美健知箋EPA&DHA

「子供向けDHAサプリ」の中でも、特に高品質であり
利用しているご家庭も多いと思われるものが、「美健知箋EPA&DHA」です。



とうのも、

大手製薬会社「佐藤製薬」が開発・販売しているサプリであり、
薬ではないにしても、やはり安心と信頼を持てることが大きな理由です。

「顆粒状」であるため、少し飲みにくいかな?という印象もありますが
質・量ともに、十分に納得できるアイテムになります。

「美健知箋EPA&DHA」の公式販売サイトはこちら

幼い時期の体の成長のための「専用青汁」も

また、子供向けのサプリというのは「知能」だけでなく
身体的な成長に関わるものに関しても、数多く存在します。

大人でも抵抗のある方が多いかもしれませんが・・・
数少ない「子供用青汁」も、ぜひおすすめなので併せて紹介しておきます。



”これだけ”で、幅広い栄養素を補うことができます。

言うまでもなく、好き嫌いが分かれるとは思いますがぜひ。

もちろん、お母さん・お父さん・おじいちゃん・おばあちゃんにもおすすめです。

「こどもバナナ青汁」の公式販売サイトはこちら

”スタディ”サプリの利用者が増えています

サプリと言えば、サプリです。



現在、テレビCMを盛んに流しており、実際に「ネット」を利用した
「タブレット」による学習は、これからのスタンダードになると思われます。

公式ページにも記載されていますが、学習塾に比べて経済的にも負担が少なく
<送り迎え>といったも時間も、心配なくなります。

個人的にも、そろそろ流行りそうだなと考えています。

ぜひ<先取り>して、親子で試してみてください。

朝ごはんをちゃんと食べる子は勉強ができるのか?

「朝ご飯は、ちゃんと食べた方がいいのか?否か?」

というトピックは、定期的に話題になるものです。

もちろん、基本的には”食べた方がいい”ことは間違いありません。

ただし「朝食」と「頭の良さ」というのは、そう単純に結びついているわけでもありません。

ちなみに・・・「大人」に関しても、「朝ご飯を食べたから仕事がはかどる」という
単純なものではなく、実は非常に「個人差」のある内容でもあります。

ただし幼児期における「朝食」は、「体の発達」のための”栄養の摂取”が主な目的です。

また「習慣としての意味」が非常に大切であり、そう考えてもやはり食べるべきです。

朝食を食べるたからといって頭が良くなるのではない

非常に現実的な話をしてしまうと、朝ご飯を食べることによって
「頭が良くなる」のではなく、「体が成長する」ということです。

しかしながら「脳」や「神経」といったものが
”物理的に”成長することによって、「学習能力」にも当然影響することになり

「ちゃんと食べないよりも食べた方が頭が良くなる」ことは事実です。

まわりくどいですね。。。

また、学習能力だけでなく「運動能力」の向上にも必要不可欠であり
それらのベースとなる身体にとっても、大きな影響を与えることは言うまでもありません。

朝食と、学習能力の関係の参考として・・・

朝ご飯を食べる子供と、食べない子供では・・・
”食べる子”の方が頭が成績がよくなる、ということは統計として明らかです。

これは、おそらく「環境」いう側面の影響が大きいです。

もちろん、家庭・仕事の事情によって難しい場合もありますが
できる限り、多くの家族と朝食を食べる習慣を持つことが望ましいです。

これは「情緒」や「性格」といった要素にも、影響を及ぼすと考えられます。

「習慣化」が何より大切

実は、この「朝食の有無とパフォーマンス」に関しては意見が分かれます。

というのも、

「空腹」という要素は、集中力を高めるものでもあるためです。

「お腹がすいて集中できない」という状態において、
一度集中してしまった後は、「劇的な集中ホルモン」が分泌されることが分かっており
「しっかり食べた後」よりも、かえって処理能力が高まります。

「飢餓状態」は、あらゆる身体機能を向上させることは広く知られています。

しかしこの「集中ホルモン」の分泌に関しても個人差があり、一概には言えません。

そもそも子供というのは、非常に新陳代謝がよくすぐにお腹がすいてしまうものです。

「最近食べれなくて・・・」という大人は、新陳代謝の機能が衰えによることが多いです。

やはり、子供にはしっかりと朝ご飯を食べさせるべきです。

これは「習慣」として、身に着けたいものであり
「ご飯を食べて、しっかり勉強(仕事)するぞ!」という人間になる方が理想的です。

「何も食べずに、みっちり仕事したったわー」

の後に、ドカ食いする人間にはならない方がいいのです。

おまけ:朝ご飯はご飯派?パン派??正解はどっち???

これも永遠の課題ですね。

それぞれの「エネルギー効率」には、特徴があります。

血糖値を穏やかに上昇させること、
”長く”エネルギーとして機能させることを目的とするならば、「ご飯」であり
短期間で血糖値を上昇させることによって、「短期決戦」を目的とするならば「パン」です。

間をとって「麺」というのは、非常に理にかなったものであり
「立ち食いソバ」と共に日本が発展した、という考え方もできると思います。

「朝食の主食」としては、最もおすすめかもしれません。

「イクメン」という言葉もありますが、
朝食に関しては、相変わらず”お母さんが作る”比率が高いです。

本当にご苦労様です。