⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【子供に教えることの順番】生きるためにこれから必要になる能力を幼児期に身につけさせるスケジュールと家庭内における知育の進め方

子供の知能の発達、一定の時期に身に着けておきたい知識量の目安として
巷では「3歳までにひらがなが読めるか否か」という基準?が設けられているようです。

そういったことを聞くと、

「うちの子読めないんだけど・・・やばいの?」

と、心配になってしまうお母さんも多いと思います。

こういった、

「何歳までに何ができていなければダメ!」

という誰が定めたか分からない基準は、他にいろいろあるようです。

一方で、知能の発達を考えた際に、順番が大切なものと、順番は関係ないものもあります。

そもそも過剰に心配することはなく、大切なことは他にもたくさんあります。

とは言え、

幼児はいつまでに何ができるようになっているのが理想的なのか?-3歳までに「ひらがな」と「20までの数字」を読めるように-

といったことや、

【鉛筆は正しい持ち方をしなければならないのか!?】箸も4歳までにちゃんと持てないとヤバい?-変に覚えたら矯正して直すべき?-

といったことは、できたことに越したことはありません。

「いつかできるでしょ」ということは、神経質に気にする必要はない一方で
”だからこそ”できるようになるのは、早い方がいいに決まっていることでもあります。

心配だったら、早くできるようになっちゃうのがよろしいとも思われます。

<スタート>できなければどうしようもないから

この「ひらがな」が、「能力の基準」の例として

また「最低限」の要素として語り継がれる理由としては・・・

日常的に使う(書く・読む)頻度が多いから

という単純な理由にほかならず、「合理的な成長」の基準ということです。

英語圏であれば、アルファベットなのでしょう。

そう考えると、中華圏は「漢字」なのでハードルが高いですね・・・

昔は、「カタカナ」であったはずです。

確かに、そもそもひらがなが読めなくては
それ以降の段階である、「幼児用問題集」といったものを利用できません。

「問題を読めない」となると、話になりません。

ただし、ひらがなを読めない子であっても

もしかしたら、「カタカナ」は読めたり

「数字」や「アルファベッド」であれば、読めるかもしれません。

これはある意味で屁理屈ですが、要は「ひらがなが全てではない」ということです。

他の子供(とお母さん)が、ひらがなに当てている時間を
ひらがなが読めない子は、別の素晴らしいことに当てているかもしれないからです。

基本的には「とりこし苦労」

とは言え、ひらがなが一生読めない人間というのは日本にはほぼいません。

日本人の「識字率」は、世界トップレベルです。

ひらがなを読むことに”才能”は要りません。

しかし、こんなことを言っても安心できないと思います。

それでは、

「なぜ、うちの子はひらがなが読めないのか?」

ではなく、

「ひらがなを学ぶ時間を何に使っているのか?」を、一度考えてみてください。

もしかしたら、他に「異常な興味」を持つことがあって
”今はひらがなどころではない”のかもしれません。

本来、何にも興味がないという子供はいません。

所詮は「他人が決めた基準」である

確かに、「ひらがなを読めるようになる」ことは、
学習を進めるうえで基礎中の基礎であり、いずれは絶対に必要なことです。

繰り返しになりますが、「だからこそ早ければ早いほどいい」ことも事実です。

しかしながら、「他人の価値観」にお母さんが振り回されてはなりません。

これから先、同じような”基準”が現れることがたくさんあります。

「うちの子はうちの子で、よそこの子は関係ない」

ということを忘れず、他人の家の子(我が子のお友達)と比べてはなりません。

「比較された子供」は、性格が曲がります。

これは間違いありません。

いずれは「順番」が重要な時期が来る

ただし、1つ注意しなければならないこととして・・・

いつまでも、「順番は関係ない!」とは言っていられない現実もあります。

幼児期はであれな、まだこういった「言い訳」が通用します。

公立学校には、文部科学省が定めた「カリキュラム」というものがあり
「教える順番」が明確に定められていて、”その通りに”進んでいきます。

【4~6歳の小学校入学までに身に着けておくべき最低限の能力】低学年の時点で絶対に学力格差を付けられてはならない!

毎年、わずかに調整されることはありますが
基本的な順番は同じものであり、「学ぶ順番」が決まっているのです。

理解できなくても、授業は進んでいきます。

そして、「周りに置いていかれない」ということは”けっこう大切なこと”になります。

いつかは「教えられない」事態がやって来る

幼稚園(保育園)等の施設に、通うことになる前までは
お母さんと過ごす時間が最も長く、「ひらがな」や「すうじ」といった
学習の基礎を教えるのは、お母さんの仕事となっている傾向があります。

確かに超基礎的な知識を教えることは、それ自体ある意味で”育児の1つ”でもあり
「歩き方」や「箸の持ち方」といったものと、同じように考えられていることでもあります。

しかしながら、「読み書き」や「足し算」といった基礎知識を”応用”する段階からは
”育児”というよりも「<学習の習慣をつける>ための教育」になってきます。

そして、いつしか「必要なことを教えてあげる」という枠を超え
「問題を解く力」を授けるための、<指導>といったものになってきます。

家庭学習において、「どの段階までお母さんが教えるべきか?」という話題は
「どの段階まで教えることができるか」とも、言い換えることもできます。

そして、「教えたくても、教えられない」という時期いずれやって来ます。

いくら「昔は成績が良かった」お母さんであっても、
小学校高学年くらいの内容になってくると・・・
「これってどの公式使うんだっけ?」となってくるはずです。

それは、仕方ありません。

「子供に教えるために勉強する」

ということは素晴らしいことですが、現実にはなかなか難しいものです。

というよりも、

「教えられなくなってきた」

ということを基準として、「塾」といったものに通うことになるはずです。

そう考えると、「学校の先生の子供」というのは”有利”だなと思いますが
学校の先生の子供で、突出して成績がいい子というのは意外と珍しいものです。

つまり、「”職業先生”であっても、家庭学習の指導は難しいものである」と言えます。

教えるのは「問題の解き方」ではない

つまり、

「心配してもしなくても、お母さんが教えられなくなる日がくる」

とうことです。

だからこそ「可能な時間」を楽しみ、少しでも”自分で”教えることができる時期に
「学習の習慣」を付けてあげることが、お母さんの使命になります。

「問題の解き方」ではなく

「解くための方法」を見つけるために

「まずは机に向かう」

ということを教えてあげることが、”育児としての教育”の最大の役割なのです。

具体的には・・・

<机に向かって問題を解く>という習慣を、「毎日」一緒に行うことから始めてみましょう。

「歯磨き」と同じように、”毎日”行うことが大切です。

短い時間でもかまいませんし、どのタイミングでも大丈夫です。

これは2~3歳くらいに始めておきたい習慣であり、
その効果は、「大学受験」や「就職」にまで影響を与えるはずです。

”20年活きる”習慣なのです。

最初は、とにかく<一緒に考える>ことから始めて
少しずつ、”1人で”机に向かうことができるようにしてあげましょう。

>>本当におすすめの幼児向け通信教育教材究極の2選