⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【主体性や自主性を育てる教育方法】幼い時期に夢や目標と持たせることの本当の大切さとは

「主体性を持つ」

「自分の価値観に従う」

「自主的な目標を立てる」

「言われなくてもやる」

こういったことが、まるで”いいこと”のように思われていますが
よくよく考えてみたら、これらは至極”当たり前”のことと言えます。

「人に言われたことしかやらない」

「目的なく息だけしている」

このようなケースは、なかなか「切ない人間」と言えますが
こういった大人というのも、それほど珍しくはない世の中です。

そして、”そう”なってしまった理由は様々なものが考えられます。

「いいわけ」は、あるはずです。

しかしそれが”子供のうちから”の場合には、心配になることも無理はありません・・・

こういった、”きもち”が関わる問題というのは

子供だから仕方がない

子供だからかなりヤバい

という、2つの角度から両方の視点が見る必要があります。

”最初は”誰もが持っているもの

「生きる意志」というのは、”生まれながら”に誰もが持っているものです。

そして、日々奪われていくものです。

減点方式、マイナスにしかならない概念と言えます。

やる気・気力というのは、いわゆる「夢」や「目標」に大きく関わるものであり
5~10歳をピークに、「現実」を受け入れながら妥協していくものです。

30歳からサッカー選手を目指す人

言い方を変えれば、”諦めていない”という人はあまりいないはずです。

しかしながら、まだそういった「マイナスの結果」を受け入れる必要がないこと
それこそが子供の特権であり、これがいわゆる「無限の可能性」というものになります。

そもそも”主体性”とは「自分の意志」であり、意志には「対象」が必要です。

「何かをやりたい」という気持ちがあれば、子供は動かずにはいられないはずであり
あまりに幼いうちから「自制」が利くことは、ある意味でもったいないことと言えます。

「自制できてしまう」ということが、”逆に”もったいないことでもあるのです。

幼い子供にとって、自制心と無気力というのは、非常に関わりの深いものと言えます。

親が子供のやる気を奪ってしまう?

最も多いケースです。

「うちの子は、主体性がない、大丈夫かしら?」

と悩んでいる”お母さん自体”が原因だった、ということは非常によくあることです。

「理想の子供」にしたいがために、<指示>を与えたり
子供の行動や言動を、<強制(矯正)>してしまうお母さんが多いです。

特に、教育熱心であればあるほど、この傾向が強いと言えます。

子供の”こうしたい”という意志を無視・否定し、
自分の理想を押し付けてしまうことによる、悲しい結果は珍しくありません。

そうなってしまうと、結果的に「意志を持っても意味がない」と考えてしまい
「自分の意志は尊重されない」という、”あきらめ”が当たり前になってしまいます。

極端な例としては、

「どうせサッカー選手にはなれないから、勉強しろ」

といったものです。

事実、ほとんどの人間がサッカー選手(特別な職業)にはなれません。

しかしながら、「サッカーに関わる仕事」なら十分に可能性があります。

あまりに幼い時期に、現実を諭すことはある意味で危険です。

「親に言われたことをやっておけばいいや」

というのは、最も気力・やる気を奪ってしまう残念な幼児体験と言えます。

生まれた時から主体性がない?

おそらく、ありえません。

生まれたばかりの、言葉を発せない時期には
泣きながら「お腹がすいた」や「ウンチをした」ということを訴えていたはずです。

かつては、間違いなく”超自己中なレベル”で主張していたのです。

元々は「アツいハート」があったものが、必ずどこかで奪われてしまったのです。

「何に対しても、興味を示さない」ということを、心配される親御さんは多いようです。

しかし、”本当は”そんなことはないはずなのです。

「興味がある」ということを、主張できないだけだと思われます。

そういった子供には、まずは「意志を主張させてあげる」ことが大切です。

一方で、「主張させない」という状況を自分で作り
「主張してくれない」と、悩むお母さんが非常に多いのです。

無意識に、コントロールしようと考える母親が一番問題なのです。

【子供に期待し過ぎてがっかりしてしまう】「いい母親」になりたいけどなれない-親のコンプレックスを子供にぶつけるな!-

”自分で”成長できることが最終的な目標

子供に「勉強をさせたい」と考える親は多いものです。

しかし、実際には「勉強をしてくれない」ということ

  • 言わないとしない
  • 自分からしない

ということに、悩むことになるケースも多いはずです。

そういった場合には、結局は「自発的に勉強して欲しい」と考えることと思います。

一方、振り返ってみて・・・自分はしていたでしょうか・・・?

親とは、勝手な生き物です。

やはり、それでも、、どうしても、、、して欲しい!

そういった場合には、「なぜしないのか?」と考えてみることも大切です。

「楽しいこと」や「気持ちがいい」と思うことは、放っておけば勝手にするものです。

「これ以上、勉強しないで欲しい・・・」と思う方はいないはずです。

そこまでのめり込ませるためには、やはり「喜び」を与えてあげることが必要です。

繰り返しになりますが、子供にやる気・好奇心が”ないわけがない”のです。

上記したように、「奪われてしまっている」という可能性も考えてみて欲しいと思います。

親が奪ってしまっている要素が、何であるのかはそれぞれ違うはずです。

そしてそれが、「根本的な生きる気力」の場合には大事件です。

非常に危険な状態と言えます。

「自制心」が強い子供というのは、育てやすいものです。

と同時に、

「身の丈(身の程)」を、わきまえてしまうデメリットを忘れてはなりません。

「子供の時期には、子供らしくいさせてあげる」

ということが、実は一番大切なことです。

「イメージ」とは「経験」から作られるもの

「希望に満ちた人生を送って欲しい」

子供が生まれた瞬間というのは、「自分の喜び」と共に
我が子に「生きる喜び」を感じながら生きて欲しいと、どんな親でも思うはずです。

そして子供というのは、いつまでも子供でいるわけではなく
いずれは、<ひとり立ち>しなければならないものです。

その際には、可能な限り「自分の満足いくような日常」を送ること
それを「自分の力」で実現させることが、いわゆる”幸せ”になります。

言うならば、成人するまで、社会人になるまでの毎日というのは
その時がくるまでの準備であり、「楽しい思い出」を作ることも大切な一方で
しっかりと「夢」や「目標」を見つけ、それに向かって準備する必要があります。

喜びに満ちた生活を実現させることとこそ、いわゆる「希望」呼ばれるものであり
希望のない人生・毎日というのは、ある意味で非常に危険なものになります。

やはり人生は、楽しく過ごすべきです。

「子供に夢を持たせたい」というのは、あくまで親である自分の考えです。

持つのは子供なのです。

子供の夢を叶えるための、サポートをしてあげること
「親としてできること」を最大限に行うのが、親としての本来の役割になります。

しかし本人に目標(目的)がなければ、努力のしようがないものです。

努力する方向、かっこよく言えば「ベクトル(力の向き)」を定めるためには
まずは何らかの目標を持たせることが大切であり、自分の将来を思い描くためには
イメージすることができることと言うのは、必ずそれまでの経験が基になります。

”経験していないこと”の延長には、夢も目標もないのです。

何が”きっかけ”になるか分からないから”チャンス”を増やす

で、どうすればいいの?

という話になりますが、子供がどのタイミングで夢を持つのか
何をすれば目標となるものが見つかるのかは、誰にも分りません。

5歳で「弁護士」になりたいという、明確な目標がある場合もあれば(珍しいですが)
15歳で「看護師」になりたいという、漠然としたイメージが生まれることもあります。

だからこそ、何が”ハマる”か分からないからこそ
幼い時期からできるだけ多くのことを、経験させてあげることが必要なのです。

そして、それは勉強・学習も同じことであり
典型的なもので言えば、その先に「学者(大学教授)」があります。

勉強をするということは、夢を<実現>させるために必要なものであり
夢となるものを”見つける”ための、きっかけとなるものでもあるのです。

「今が楽しい」ことも大切

「将来何をしたいか」

ということを、幼い時期から明確に持っている子供というのは実際には稀です。

大学に入ってから見つける

見つからないまま卒業した

そういった人は、珍しいものではありません。

そしてそういった人というのは、給料がいい会社・人気のある会社に就職すること
結婚すること、家を買うことが人生の目標となります。

決して嫌味ではありません。

そういった生き方が、悪いものとは言えません。

結論としては、毎日楽しければオーライです。

それでいいなら、それでいいのです。

もっと偉大な人間になって欲しい!と、焦る必要はありません。

夢や目標と持つことは、ある意味で「運命」でもあります。

何と言っても、世の中の大半はサラリーマンなのです。

そしてサラリーマンの中で抜きん出る方法・手段が、”お勉強”になります。

深く考えず「何となく」で十分なものでもある

実際には、

「大きな夢を持たせたい」

から、

「わんぱくでいい、たくましく育って欲しい」

といったものまで、子供の生き方に対する感覚というのは
各家庭それぞれだと思われますが、子供に無理強いをするのはやめましょう。

「希望の芽」というのは、徐々に育つものです。

いつ、何がきかけで「○○になりたい」や「○○がしたい」といった
イメージが沸くのかは、それは1つの「個性」でもあります。

早く見つかるに越したことはありませんが、
必ずしも、早ければいいというものでもありません。

「目標のある楽しい人生」を見せてあげる

親としてできることをまとめると・・・

  • 何でもいいから、とにかく多くのことを経験をさせること
  • 子供に夢・目標ができた際に、全力でサポートすること

以上の2つしかありません。

加えて、「自分達(親)が楽しそうに生きている姿」を見せることです。

親を見て、「こうはなりたくない」という反骨心で努力をするケースもあります。

しかしながら、やはり「こうなりたいから頑張ろう!」の方が健康的です。

綺麗な景色を見せてあげる

いろいろな本を読ませる

親が与えることのできる経験は、無限に存在します。

しかしながら、上記したように子供が持つ「受け入れる器」も大切になります。

まずは、お父さん・お母さんの考え方や態度を改めることも必要かもしれません。

ぜひ、目標を一緒に探せる関係になって欲しいと思います。