⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【勉強が苦手な子供】学校の勉強について行けなくなってしまった-「落ちこぼれ」や「つまずき」はいつまでなら挽回できるのか?

まだ、お子さんが幼い時期から
すでに教育に関心の深いお母さんには、必要のない話題かもしれません。

しかし、どんな人間にも得意・不得意があるものであり
いつ・どんな内容の科目につまずくかは、分からないものです。

幼い頃から「神童」のように思われていた子でも
ちょっとした苦手な科目ができてしまったことで・・・

一気に<落ちこぼれる(相応しい表現ではないかもしれませんが)>

ということも珍しいことではありません。

もしこれから先、我が子が落ちこぼれてしまったら・・・

それ以前に、今現在勉強についていけなくなってしまい

「やる気」を失いそうになってしまっている・・・

どのようなことができるのか?

またそうなってしまった場合に、

いつまで・何歳までなら挽回できるのか?

といったことについて、”念のため”考えていきたいと思います。

まずはとにかく”落ちこぼれない”ことが大切

身も蓋もない話ですが、改めて・・・

前提として、

<後で挽回>することよりも、まず”置いていかれないこと”が大切です。

”置いていかれない”ことは、日本で生きていくうえで非常に重要です。

  • 基本的に”周りと同じ”を求める国民性
  • 「できる子」と「できない子」の両方にとって残念な教育制度
  • <敗者復活>が非常に困難な社会

あらゆる場面で、まずはとにかく置いていかれないことです。

いつまでなら”まだ間に合う”のか

もし万が一、初期(小学校低学年)でつまずいてしまった場合に
挽回できるタイムリミットとして、「14歳」とします。

「まともな高校に入る」ということは、意外と重要です。

「いい高校」ではなく、”とりあえずまとも”で大丈夫です。

その理由として、

「まともなレベルの授業を受けることができるメリットがある」

のではなく・・・

なんとか「人並に間に合った」という、事実が大切です。

それは、中学~高校で”人並”の人生を諦めてしまう
諦めていなくても、「残念ながら難しい」となってしまう子が多いためです。

”入った高校のレベル”で、人生はある程度決まってしまうことがほとんどです。

これは疑いようのない事実であり、
「1つの恐怖」として、受け入れることが非常に大切です。

「10代の終わりにどこで何をしていなのか?」は、とても重要です。

人と比べるのは、くないことですが、自分の子供がそんな風になったら嫌ですよね?

せめて、15歳までには間に合うように
「1年の猶予」がある、14歳までに挽回しましょう。

本当は10歳だよ!

以上は半分「建前」であり、本当は「10歳」と考えています。

10歳までに人並にできない場合は、「かなり厳しい」です。

本来であれば、10歳(小学校4年生)の時点で
小学校6年生の内容の勉強を始め、「英語」に手を出すべき時期でもあります。

しかし、それにも関わらず「頭の柔らかい時期」に学習できていない
だけではなく「置いていかれている」ことは

もすごーーーいハンディキャップです。

大チャンスを、失ってしまっています。

そして、そのチャンスは二度と手に入れることができません。

しかし、それでも何とかなるのは「10歳まで」なのです。

それ以降のことは、なんとも言えません。

「ついていけなくなった場合」はどうすればいい?

日本の公立の小学校・中学校の内容は、かなり優しいものです。

そのため小学校の授業内容についていけないということは・・・
はっきり言って、「かなりヤバい」です。

そして、そういった子の特徴として”基礎が身についていない”ことが挙げられます。

「基礎ができない人間に応用ができない」

この当たり前のことは、勉強にこそ言えることです。

もう一度”本当の最初”から学ぶ

そういった場合には、もう一度”最初(かなり前の内容)から”勉強し直しましょう。

「急がば回れ」です。

たとえ4年生であっても、「2年生レベル」の「九九」から始めましょう。

これはこれから先の、中学・高校におけるつまずきにも言えることですが

つまいずいてしまった問題を、解決できるようにするために
もう一度確認すべきは、「少し前」の内容ではありません。

「かなり前」の内容が、身についていないということが非常に多いのです。

この<遡って復習する>ということは、学校ではできないことであり
これこそが、落ちこぼれを作ってしまう原因でもあります。

「一度落ちこぼれたら、ずっと落ちこぼれのまま」

という、日本の教育の最大の問題点です。

また諸外国には一定の基準が身についていない場合、「落第」という制度もありますが
日本に取り入れた場合には、「よりダメな奴と思われる」という欠点があります。

本当に、ややこしい環境です。

頑張るしかありません。

もし「今の授業内容」についてけなくなってしまった場合には

「その場でもがく」

のではなく

「焦らず、もう一度、最初から」

今の「つまずき点」に至る内容を復習しましょう。

”幼い時期”のつまづきほどヤバい

社会人となってからの悩みは、基本的に「人間関係」が中心になりますが・・・

中学校くらいまでは、学習内容の問題が大きく付きまといます。

高校以上であれば、「偏差値」という基準によって分かれるため
周囲との学力が「だいたい同じ」という状況になりますが、
中学生・小学生というのは、(頭が)いい子・悪い子が同じ教室になります。

「いい方」になるに越したことはなく、
また学力の問題というのは「劣等感」がからみやすい問題です。

と言え、お子様自信が悩むことは意外に少なく
子供自身に危機感がない場合には、やはり大人の手でサポートしてあげる必要があります。

期待しているからこそ、心配になってしまうはずであり
まだまだ挽回できる時期だからこそ、あきらめずに一緒に頑張ることが大切です。

「ついていけていない」ということは、当たり前ことながら
その年齢(学年)で身に着けておくべく内容を、理解できていないということです。

本来であれば、”その子のペース次第”と言えるものになりますが
義務教育の段階では、”基準”となるものとして「カリキュラム」が存在します。

進級によって明確となった”遅れ”というのは、
単純に「1つ下の学年のカリキュラム」をマスターできていない、ということです。

公立学校のカリキュラム内容というのは、はっきり言って「超簡単」です。

それについて行けないということは、やはり危機感を持つべき事態です。

【子供に本格的に勉強を教え始める時期】幼稚園年長時の学力の差はその後の「絶望的な格差」につながる-習い事はいつから何をやらせるべき?-

「つまずいたところ」の前から復習を始める

少し脅しのようになってしまいましたが、小学校レベルであれば挽回は難しくありません。

ただし、順を追った、正しい復習が必要です。

繰り返しになりますが、「つまずいてしまったところ」の前の段階から理解が必要です。

そこでつまずいている、ということは、その「前段階」の理解が不十分です。

そこをマスターすることで、あらためて再挑戦することが合理的なのです。

できれば、1つ下の学年の最初からやり直すことがベストです。

それで不十分と感じたら、もう1つ下の学年から。

このやり方は効果的なはずですが、学年が上がれば上がるほど
やり直す必要がある年が増えていくことになります・・・

なるべく早くに始めたい方法です。

早い時期のつまずきほどヤバいものですが、早い時期だからこそ挽回ができます。

実際には、「最後に勝てばいい」のです。

そして、小学生くらいのつまずきであれば
一度つまずきを理解することで、その後は爆発的に成長することはよくあることです。

小学校低学年で、いわゆる「落ちこぼれ」だったとしても
結果的にハイレベルな高校に入学できることは、珍しいことではありません。

とりあえず、

「つまずいたところの1つ2つ前からやりなおす」

ということを、徹底することだけ考えて欲しいと思います。

「置いて行かれてしまうこと」が招く残念な現実

「学力格差」というと、「学歴」といったものをイメージし
「就職」や「出世」という言葉が、頭に浮かぶ方が多いとはずです。

しかしながら、学力の差というのは幼いうちから存在するものであり
それは小学校に入学するくらいの時期から、顕著なものとなってきます。

小学校の入学時点で、掛け算ができるか・できないか
それだけでも、「かなり条件に差がある状態」と言えるのです。

もちろん、そういった単純なことだけではなく
この時期の学力は、その後の人生にも大きく影響を与えるものなのです。

幼いからこそ、「先々のこと」につながる要素が多いと言え
”幼い頃から頭がいい方だった”方が、何事にも有利です。

なぜなら、「早いうちから頭のいい人間」と
「頭がよくなる時期が遅かった人間」では、「今」に差ができているはずです。

当然のことです。

もちろん、努力を始めることに遅いことはありません。(ホントはあるけど!)

少しでも差が開く前に、差を作れる時期に始めましょう。

小学校の低学年で起きる、勉強に関するトラブルとして
まず想定すべきは、「勉強についていけない」という最悪の事態です。

これはまず、「劣等感」を生みます。

子供というのは能天気そうに見えても、そういった感情を抱いているものです。

特に「自分だけできない」という状況は、「けっこうなダメージ」です。

まずは、<つまづかない>ということが大切になります。

また「基準に満たない」という状態、「ぎりぎりしがみついている」状態は
その時はセーフと言えますが、いずれは「振り落とされる」危険性があり
だからこそ”少しでもリードしている”ことが大切であり、早い時期の方が挽回も楽です。

「小学1、2年生」という時期は、まだまだ幼いです。

しかしながら、間違いなく「差」が現れ始める時期であり
「学校の楽しさ」や「友達の大切さ」を感じると同時に、
学力の基礎を構築しなければならない、重要な・大変な時期でもあるのです。

残念ながら「競争」は始まっている

「負けている」という状態は、単純に「おもしろくない」と言えます。

「勉強なんかいいや!」ということになりかねません。

そして10歳未満で勉強にくじけてしまうのは、かなり”やっかい”です。

公立学校(小学校~中学校)までの授業内容(カリキュラム)は
はっきり言って、かなり簡単になっています。

だからこそ、「私立」の子と差ができてしまう理由でもあります。

特に小学校低学年の内容というのは、極めて簡単なものであり
幼稚園に通っている間(時間)に、家庭内でマスターできます。

「まだ早いのでは?」という考えではなく、
「ちょーかんたん」なので、ぜひ早めに身につけさせて欲しいと思います。

【子供の集中力を高める方法】とにかくじっとしていられないのは病気なの?-極端に落ち着きがなくて心配な子供の育て方-

「年中」から始めるのが”ちょうどいい”かも?

そして、「ある程度本格的に学習を始める時期」ですが
当サイトでは繰り返し述べているとおり、早ければ早いほどいいと言えます。

しかしながら、ある程度は「成長」や「他のこと」も必要であり
そのため「年中」という時期が、適切かな?と思います。

もちろん、早く始めるにはこしたことありませんが
「年少」は、まだまだ遊ぶことが楽しい時期ですし
「年長」で始めると、ちょっと焦ってしまうかな?と。

年中と言う時期は、ある程度は「目安」ですが
幼稚園在園の時期は、年少・年中・年長という3年間しかありません。

「けっこう重要な目安」と考て欲しいと思います。

【4~6歳の小学校入学までに身に着けておくべき最低限の能力】低学年の時点で絶対に学力格差を付けられてはならない!

記憶力と計算力を徹底的に

勉強・テストにおける、また将来的な「知力」の素は

  • 記憶力
  • 計算力

この2つになります。

忘れないこと・覚えておくこと、これは単純に”あればあるほどいい”能力と言えます。

また「計算力」とは、いわゆる「頭の良さ」に直結するものであり
理系的な概念と思われがちですが、結局「論理的思考」を養うことになります。

「考える」ということができるようになるのです。

【子供の記憶力の鍛え方】幼児期の記憶トレーニングが今後の知能の発達の鍵を握る

早めに「努力できる子」にしてあげる

非常に恐縮ですが、当サイトをご覧のお母さんというのは
こういったことを調べる、という時点で<努力>していると言えます。

結局は、この<努力>をすることができるかどうかが
学力を構築するうえでは、最も重要な要素と言えます。

「努力できるかどうかも才能」という意見は、確かにそうかもしれません。

しかしながら、

幼い時期に「努力する習慣」を身に着けたかどうか

の方がより重要な要素であり、「才能」とは異なり
”後付け”で、身に着けることができる能力でもあります。

「努力できる力」こそ、本当に幼いうちに手にしておきたい力であり
幼いからこそ、そういった<癖付け>が簡単なのです。

そして、この努力できる能力も小学校に入学する時点で必要な力です。

”スタート”の時に、その能力を持っているかどうかは非常に重要なことになります。

>>本当におすすめの幼児向け通信教育教材究極の2選