⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【子供に期待し過ぎてがっかりしてしまう】「いい母親」になりたいけどなれない-親のコンプレックスを子供にぶつけるな!-

もし、自分の子供に対して

「期待はずれだったな・・・」

と思うのであれば、言うまでもなく、あなたはひどい親です。

自分で産み、自分で育てた、という事実を差し置いて
子供を責めることは、絶対にあってはならないことです。

実際には、子供に”期待しない”親はいないはずです。

基本的には、<期待>して当たり前でもあります。

それは「幸せな人生を送って欲しい」という、
素晴らしい人生を歩んでもらうための、愛情に満ちたもの理由です。

しかし、その根底に

「自分より(普通の人より)も優れた人間になって欲しい」

という、”重い想い”がある場合もあります。

そしてそれは、「本当の愛情」のからのものである場合もあれば
「ただのコンプレックス」である場合、またその両方もあることでしょう。

様々な場面で、「どうして・・・」と思ってしまうことは
子育てをしていれば、どこの家庭でも起きることです。

「人間性」といったものも含め、

  • 学力
  • 運動能力
  • マナー

その子供の性質や、親御様の価値観によって様々です。

そして、まずこの問題を考えていく上の前提として・・・

自分の子供の行い・性質に関して、どの程度を許容できるかは
はっきり言ってしまえば、親となる人間の「器」と言えるものでもあります。

「非行」といった極端なケースでは、子供に失望してしまうのはある意味で当然ですが
いずれにしても、自分で育てたことには変わりないはずです。

「子は親の鏡」という言葉がありますが、「結果」というのは「事実」です。

最終的には”受け入れるしかない”という前提がある

期待通りになってくれない

我が子が思い通りに育っていない、と感じてしまうということは
おそらく、「子育てを頑張った」という自負があるあるはずです。

  • しつけをしっかりした
  • お金をかけて塾に通わせた
  • 毎日一緒に素振りをした

子供にがっかりしてしまうケースは、何も勉強やテストだけではありません。

あらゆる自分の価値観、自分が持っていた願望というものを反映します。

ある意味で、「自分勝手」と言えるケースは非常に多いものなのです。

勝手に期待して、勝手に失望している・・・

客観的に見て、ひどいのは自分ですよな?

とは言っても、

「そんなことは自覚している!」という人がほとんどと思われます。

だからこそ、苦しんでいるのだと思います。

最も簡単な方法は、<期待しすぎない>ことですが
これが何より難しいものであり、この問題の根源でもあります。

「ありのままでいい」

といった綺麗ごとで片づけられれば、それに越したことはありません。

それができないからこそ、難しい問題です。

しかしながら、この問題というのは<受け入れる>ということしか解決策がないのです。

自分を棚に上げていませんか?

期待外れ・・・

そう思っているのであれば、まずは最低です。

考えを改めてください。

自分がそんなに優れているのでしょうか?

もちろん、自他ともに優れていると言える方もいるかもしれません。

しかしながら、我が子と言えど、自分と子供は違う人間です。

人間の生育過程では、

  • 遺伝的要因
  • 環境的要因

この両方が関わっており、どちらかだけでもダメです。

  • 致命的な欠点
  • 人より少し劣っている

いずれにしても、冒頭で挙げた通り「子育ての結果」に過ぎません。

自分の子供がこんなに劣っているはずがない!

どうして思い描いた通りにならないんだ!!

ちゃんとしつけをしたのに!!!

そんなことを思っている時点で、それほどいい親ではありません。

考え直すことが必要です。

「期待しすぎない方法」を模索している時点で、それは間違いなのです。

こうならないように、早めに解決策を見つけて欲しいと思います。

【子供に恨まれている】我が子に嫌われている親は何が悪かったのか?-許してもらう方法と理由が分からない場合の謝り方-

「いい母親」とは

幼児教育を考えるうえで、それ以前に「子供の幸せ」を考えるうえで
避けては通れない問題であり、もちろん賛否両論が出まくる内容ですが
「いい(母)親」に欠かせないの条件というのは、一体なんなのでしょうか?

これは他者から教えられるものではなく、自問自答の過程で気づくものになります。

お子さんを生んだ時に、何を思ったでしょうか?

「幸せになって欲しい」

と同時に、

「どうやって幸せにしていこうか」

「この子のためにこらから何ができるか」

ということを必ず考えたはずです。

そうです。

幼い時期というのは、<”してあげる”ということが圧倒的に多く
それは同時に、<コントロール>という魔物が姿を現すことになります。

そもそも「愛する」や「真剣に育てる」といったことは、親として当たり前のことです。

そして、本来は”それだけでいい”はずなのです。

やっぱり、何よりも「健康第一」ですよね?

しかしながら、悲しいかな・・・

<育児>というか、「人生」には”余計なこと”がたくさんあります。

なんだかんだ言っても、「競争社会」であり
<人に勝つ>ということが、時に人生を彩ることになります。

また<夢をつかむ>ためには、「基準を満たす能力」を手に入れる必要もあります。

そして、そのためには「学習」や「教育」が必要であり
それを授けることは、現代では”親として当たり前”とも言える行動になります。

更に、教育以外にも「その子にしてあげられる(もちろん与える)」ことはたくさんあり
「人生を全力でバックアップしてあげること」は、親として最低限のことなのです。

そして、それ以上に大切なことが”人生を制限してしまう”行動
その子の人生にとって”マイナス”になることをしない、ということなのです。

人生を<奪う>ことをしないこと

親が子供にできることは、基本的には<与える>行為です。

しかしながら、それ以上に「奪わない」ということも大切であり
”可能性”ということを考えるなら、最も重要な要素と言えます。

  • やる気
  • 目標

奪わなければ、”失う”ことにはなりません。

「奪うわけないでしょ!」という声も聞こえてきそうです。

しかしながら、「間接的に奪っているお母さん」は非常に多いのです。

特に「子供が本当にやりたいこと(本音・意志)」を無視して、
自分の理想(お母さん自身がよいと思っていること)を押し付けていませんか?

子供は自分の気持ちを表す能力が未熟な一方、”空気”を敏感に感じとります。

そして、子供は親の期待に応えようとするものです。

自分はこうしたい・これがいいと思っている

けど、

お母さん(お父さん)が、そっちにしろと言うなら・・・

その繰り返しが、可能性を奪い続けることになります。
(あくまで可能性であり、明らかに間違った方向に向かっている場合は
「人生の先輩」として、修正してあげることも必要であると言えます。)

悲しいことに、子供の将来を真剣に考えている親ほど

「余計なことをして(言って)しまうリスク」

が高くなることを、決して忘れないで欲しいと思います。

「いい母親になりたい」という欲望

言ってしまえば、

「よき母親になりたい」という希望には、
自分の欲望が、「少なくとも1%は入っている」ことは否定できないはずです。

「愛するわが子を思って」ということが、ベースにあることは間違いないと思われます。

一方で、やはり「いい母親像」を求めてしまう行為は「自己満足」を否定できません。

「100%子供のことを思って」という人は、いません。

それは、人間として不可能であり

「子供が幸せなら自分も幸せ」

という考えに基づいた、「子供を幸せにしたい」という思いは
「自分を幸せにしたい」という考えと同じものです。

まして幼い時期というのは、より”子育てに夢中”であるために

  • 子供のため
  • 自分のため
  • 子供の希望
  • 自分の希望

こういったことが、混同しがちです。

「怪物を倒そうとする者は、自らが怪物とならぬよう気を付けよ。

お前が深淵を覗くとき、深淵もまたお前を覗いているのだ。」

と、昔の偉い哲学者は言っています。

ちょっと意味がずれたものになりますが、大切なことは「考えすぎない」ことです。

※身近な人には絶対に言えないから・・・
【元占い師が比較】電話占いサイトおすすめランキング

「スパルタ教育」はやめなさい

少し前までは、

「気合が入っているお母さん=スパルタ」

というイメージがありました。

最近は、あまり聞かなくなりましたね。

いわゆる「スパルタ教育」は、よい結果を生まない傾向があると分かっています。

その一方で、従来よりも複雑になっているケースもあるようです。

特に、幼い頃から勉強ができたお母さん

逆に、できなかったことを気にしているお母さん

これらは共に”要注意”であり、<間違ったアプローチ>をしてしまいがちです。

「高い基準」もしくは「コンプレックス」

この2つのパターンを簡単に表せば、

  • 勉強ができたお母さん
  • 勉強ができなかったお母さん

この2つに、分けることができるはずです。

”できた”お母さんの持つ、感覚というのは単純です。

  • 自分ができたのに、子供ができない苛立ち
  • できることが「当たり前」と思っているため「できないことが分からない」
  • 「できない人間」を見下しているケースも多い

幼い頃から「秀才」だったケースが多いです。

しかし、こういったお母さんへの対応策は単純であり・・・

「最初からうまくできるわけない」ということと

「自分の子が、自分と同じようにできるとは限らない」こと

そして「親は、子を、勉強だけで判断するの?」ということ

「自分の学力」と「自分の子の学力」を、切り離して考えてみてください。

時間をかけることによって、<受け入れる>ことができるようになります。

一方で、「コンプレックス」がベースにあるスパルタ教育は少しやっかいです。

過剰に”スパルタ気味”のお母さんというのは、
実は「自分はできなかった」お母さんが多いことが現実です。

自分ができなくて悔しかった・苦労をしたため、
せめて子供には、そういった気持ちを味わって欲しくない。

ということを話すお母さんが、非常に多いです。

しかし、それは「愛」であり「エゴ」でもあります。

半分は、自分の「野心」等を「託している」はずです。

自分の子供を使って(自分を馬鹿にした)世の中に復讐をしているのです。

そういったお母さんには、

「最初からうまくできるわけない」

「世の中勉強だけではない」

といったことが、なかなか伝わらない傾向があります。

「感情」で動いてしまっているのです。

また、”コンプレックス”という面では「元々頭が良かった」

にもかかわらず、

社会に出て活躍できなかったケースも多いです。

「男女平等」とは言っても、女性が不利な社会であることは現実であり
「キャリア」を捨てて、出産・育児を選んだという女性もいるはずです。

そういった人は、<仕事を捨ててまで産んだ>という思いから
「元を取りたい」という、マイナスな感情に動いてしまうことも多いです。

「子供」と「自分」は違う人間

まず前提として<自分が産んだ>ということから、父親よりも子供への愛着が強く
またお父さんよりも、教育熱心なのは当然だと思います。

そして、それだけに”一体感”を持ってしまいがちです。

これは、科学的にも「子供(赤ちゃん)」と「お母さん」が
同じ人間だと、”錯覚”してしまうことが確認されています。

泣いていたり、苦しんでいたりすると
”かわいそう以上の何か”を感じた経験はないでしょうか?

その1つの結果・症状、子供が社会から否定されることは
”自分が否定された”ことと同じように、ついつい考えてしまいがちです。

「自分の育て方が悪かった」以上に、もっと深い部分で感じるものがあるはずです。

「親離れ」よりも「子離れ」の方が、実は大変だったりします。

スパルタ教育の最も大きなデメリットは、勉強が嫌いになってしまうことです。

これは致命的です。

好奇心を奪うことは、子育てにおいて最もやってはいけないことです。

まずは「学ぶこと」を、好きになることが必須であり
好奇心を与えてあげることが、お母さんの役割のはずです。

できれば「最初はきっかけだけ」ということが理想です。

何が好きなのか?何が得意なのか?を見つけてあげましょう。

「見つけた」ことを、「見つけて」あげましょう。

「目標」は託すのではなく、一緒に進んでいくものです。

教育熱心なお母さんが陥りがちなやばいパターン

この記事に興味を持つって、ここまで読んでいただいた方というのは
「どちらかと言うと教育熱心」ということは、否定できないはずです。

「教育熱心」と言う言葉や、その態度というのは
時には、人によっては、否定的にとらえられてしまうこともありますが

基本的には素晴らしいことであり、お子さんのことを思ってのことと思います。

しかしながら、その子供を思う気持ちが裏目に出てしまい
時に「モンスター」となってしまうことが、社会問題にもなっています。

「モンスターペアレンツ(ト)」と呼ばれる、「手に負えない」保護者であり
「悪質」と思われてしまう方達には、モンスターに至るまでに”勘違い”があります。

今までは、「めんどくさい保護者」と呼ばれていた人達が
より目に見える形になっている、ヒートアップしやすくなっている世の中です。

「モンスター」になりがちなお母さんの特徴

まず前提として、

「うちの子だけ給食はフレンチを出せ」

や、

「お掃除の時間に勉強させろ」

といったケースは、論外です。

ただのヤバい人です。

先生方と少し噛み合わないお母さんというのは、

  • お母さん自身が賢い(高学歴)
  • 幼児期・学生時代に「学校(勉強)」でうまくいかなかった

両極端の傾向が見られます。

上記した、スパルタ教育の例と根底は同じです。

この2つというのは、”お母さんを狂わす”大きな要因になります。

それは学校の先生だけでなく、我が子にも矛先が向かう場合が多く
両方を傷つけてしまう、最終的には関わる全ての人を傷つけてしまうことになります。

「自分の思い通りにしたい」

というのは、お母さん自身の欲求です。

その際に、子供の事情は「置いてけぼり」になっている傾向があります。

心当たりのある方は、一度自問自答してみましょう。

調子に乗っていませんか?

加えて、特に「高学歴」や「元キャリアウーマン」のお母さんに多い例が
先生に対して、「見下している感」がある方です。

そもそも、小学校の先生は「学歴的に賢い」必要がありません。

なぜなら、「超簡単なことを教えるから」であり
「集団行動の規律を教える」といった、他に大切なことがあります。

「学歴」なんて関係のない世界であり、教員採用試験の合格が条件です。

確かに、

  • ちゃんとやっている先生
  • ダメな先生

両方いることが問題であり、そこをしっかり見極めなければなりません。

「過剰にかわいがってしまう」のは仕方がない状況でもある

子供に対し間違った保護をしてしまう要因として、少子化問題も影響しているはずです。

「こどもはひとりだけ」という家庭が多い世の中です。

そして、1人っ子がかわいがられるのは万国共通のようです。

ここからも、”2つのパターン”が見られることになります。

お母さん(お父さん)自身が、

  • 「過保護に」「甘やかされて」育てられた
  • あまり可愛がられなかった・育児放棄気味だった

以上の2つの傾向があると思います。

前者は”世間知らず”として、後者は”コンプレックス”として
自分の子供に対する接し方が、世間一般に比べて極端になってしまいがちです。

モンスターになるのはケース・バイ・ケース

親がモンスター化する弊害は、最終的に子供に襲いかかります。

子供は成長します。

幼い頃は「僕(私)のためなんだ」と思っていても、
やがて、「自分の親は非常識だな」と気づく時がやってきます。

また、「お前の親、質(たち)悪いな」と周囲のお友達に思われてしまうことになります。

傷つくのは、結局子供なのです。

完全に「本末転倒」です。

もちろん、時にはモンスターにならなければならにこともあります。

子供がいじめられている

先生が見て見ぬふりをする

度々社会問題になりますが、こういった事例はなくなりません。

そんな時は、徹底的にモンスターになりましょう。

というよりも、モンスターはいじめる側・先生です。

モンスターに変身する際には、<見極め>が肝心なのです。

幼い子供に劣等感を感じないことの大切さ

当ブログで繰り返し述べている通り、幼児期の教育において最も大切なことは
「自信」を持てるようにすることであり、「自己肯定感」を与えることです。

無意識に、”自分が回り(世界)に認められていること”を感じていれば
能力や地位に関係なく、<何となく楽しく生きる>ということができるのです。

これは勉強・知能よりも、生きていくうえで非常に大切なことです。

【子供のやる気を引き出す方法】まずはたくさん褒めて「自信」を付けさせる-母親からの評価が子供の人格を作る-

「のうみそ」よりも「こころ」の成長が圧倒的に大切

知育とは、脳みそを育てることでです。

そしてこの脳みその成長と同じくらい、それ以上に大切なことが「心の成長」であり
幼い時期の育て方・接し方によって、人生が大きく左右されてしまうことになります。

内面の教育は「情操教育」と呼ばれ、「道徳心」といったもののベースとなるものです。

いくら賢くても、性格が悪い人間は嫌われるものであり
多少成功したとしても、最終的には惨めな人生を送ることが多いものです。

逆に勉強ができなくても、優しい(性格がいい傾向がある)人は助けてもらえます。

人生を生きやすくするためには、勉強と共に内面を磨いてあげることが必要であり
それは「授乳」や「夜泣き」が終わった後に、何より重要な親の仕事になります。

しかしながら、「心を壊してしまう最も大きなリスク」もまた親であると言えます。

性格は勝手に歪みません。

実際には、「性格」とは

  • 生まれ持った性質
  • 幼児期の環境
  • 人生を通した経験

これらで成り立っていると考えられます。

「性格が悪い」と呼ばれる人間には、それ相応の理由があるものであり
幼児期の経験・環境によって、歪められてしまうケースが珍しくありません。

知能以上に、「親の匙加減次第」なのです。

そして子の性格を歪めてしまう要因の1つとして
「親が持つコンプレックス」が、根本にあるケースは非常に多いパターンなのです。

子供の心を破壊してしまう可能性のある「親のコンプレックス」

勉強ができなかった親が、スパルタ教育を施したり・・・

習い事ができなかった親が、毎日習い事でスケジュールを埋めたり・・・

こういった話は、珍しいことではありません。

繰り返しになりますが・・・

そういった行動の根底には、「劣等感(コンプレックス)」があります。

難しい本では、「ルサンチマン」と呼ばれることもあります。

簡単に言えば、

  • 悔しい
  • 羨ましい

という、負の感情が成仏(昇華)できなかったことによって生まれるものです。

「悔しい!」という気持ちが、ずっと晴れないのです。

そしてそういった人が、そのままの状態で子を持つことで
子供にそのコンプレックスを引き継がせてしまう可能性があります。
(あくまで可能性であり、全ての人がそうではありません。)

「子供を使って復讐している」と考えることもできます。

子供からすれば、いい迷惑です。

そして、最悪のケースが

親のコンプレックスによって、子供が劣等感を感じてしまう

という事態です。

親の過剰な要求・期待に応えることができないこと

それによって、子供がコンプレックスを持ってしまうのです。

これは二重に悲劇です。

最悪の負の連鎖です。

その子供は自分が傷つくだけでなく、自分の子供にも同じことをする可能性があります。

自分のように。

自分がされたように。

【どうしても親が憎い気持ちの解消方法】恨んでいる気持ちの整理の仕方-どうすれば許せる?謝罪してもらえば気が済むのか?-

「他人と比べる」という習慣を付けさせない

もし、心当たりのある方がいるのであれば
まずは、「自分ができなかったから、子供にやらせる」といった考えを捨てましょう。

そして子供に対しては、「他人と比べる」ということをさせないようにしましょう。

人間として、なかなか難しいことですが”楽に生きる”ために欠かせない要素です。

劣等感を感じてしまうことの、根本的な要因はなんでしょうか?

  • 勉強ができない
  • 足が遅い
  • 身長が低い
  • 禿げている

コンプレックスを感じてしまう要因になる問題(自分が感じている)は様々ですが、
その「悩み」を悩みたるものにしているのは、<比較>することです。

人と比べる人間に育てられた人間は、人と比べる人間になります。

そして、人と比べている限り永遠に幸せにはなれません。

「幸せに生きる秘訣」とは、”人と比べないこと”です。

ただし、それは不可能なことでもあります。

「あの子が持っているから欲しい」

「あの子が持っているのに、自分は持っていない」

非常によくあるシチュエーションです。

「なるべく比べない(させない)ようにする」

これもなかなか難しいことですが、うまくコントロールしましょう。

比べないようにすることが難しいのであれば、
「比べる必要がない」という状態を、作ってあげることも大切です。

そのためには、”自分”を持つことが必要です。

”自信”とは”自”分を”信”じることであり、自信があれば他人のことは気になりません。