⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【子供に本格的に勉強を教え始める時期】幼稚園年長時の学力の差はその後の「絶望的な格差」につながる-習い事はいつから何をやらせるべき?-

赤ちゃんは、毎日毎日できるようになることが増え続けていきます。

上手に母乳を飲むことができるようになり

やがて、離乳食を食べ始めます。

ハイハイをして

立てるようになり

やがて、歩き始めます。

体の成長以外にも、段々と「単語」を覚え<おしゃべり>を始めます。

この時期から、徐々に<しつけ>をしていくことになりますが
同時に生きていくうえで必要な、知恵を授けてあげることになります。

<お勉強>が、始まるのです。

いつから本格的に”教える意味”があるの?

赤ちゃんは、人間は、生まれた時から常に学び続けています。

とは言え、本格的に<覚える>という作業ができるようになるのは
自発的に会話をし始める時期であり、おおよそ2歳前後です。

この時期から、「記憶」という能力が徐々に形成され始めます。

そこから爆発的に、「知能」を身につけていくことになり
本能としての反応以外にも、<学習>をすることができるようになります。

およそ1歳半くらいの時期(単語をつぶやきはじめる)から一緒に「本」を読んだり
「ひらがな表」を使ったり、「数という概念」を教え始めるご家庭が多いようです。

実際に、学習を始める時期は”このくらいからがちょうどいい”と思われます。

たとえ理解できていなくても、一緒に<なんとなく始める>ことも大切です。

【子供の記憶力の鍛え方】幼児期の記憶トレーニングが今後の知能の発達の鍵を握る

「個人差」があるのは仕方がない

いつから・どの程度教えていくかは、ご家庭内で話し合うべきであり
お子様の将来を左右することになる最初の一歩は、しっかりと検討しましょう。

基本的には、無理のない範囲で”早ければ早いほどよい”ものです。

幼稚園などの、「家庭外の学び舎」に預ける前の段階で
”自分の名前だけは書けるように”といった、ある程度の教育はしておくことが一般的です。

注意点として・・・勉学・学力を重要視しているママさんは、
「何ででうちの子はできないの!」と、つい空回りをしてしまいがちです。

「最初からできないのは当たり前」ということは、客観的に分かっていても
いざ自分の子供のことになると、愛するあまり厳しくなってしうことだと思います。

厳しく教えたからといって、賢い子に育つ訳ではありません。

また、2人目3人目とお子様を育てている場合に

上の子はしっかりとしていて下の子の方は頼りないな

と思うこともあると思います。

一方で、上の子よりも下の子の方がオムツが取れるのが速かったりと
あらゆる面で「下の子の方が要領がいい」と、感じことも多いものです。

それは「親としての成長」でもあり、
上の子供を「育てたことがある」という経験値によって、
下の子の子育ての方が、スムーズに進むことはよくあることです。

子供だけではなく、自分達にも要因があることを忘れてはなりません。

オムツの卒業・トイレトレーニングといったことから

歩き始めの注意点、イヤイヤ期の対処といったこと

これらの時期や過程を、親が何となく分かっているということは
確かに2人目や3人目の方が、ある意味で得でもあります。

学習能力は特に個人差が大きいこともある

「知能」に関わる要素に関しては、生まれ持った才能もそれぞれに違いがあります。

育児の方針にかかわらず、結果に違いが出るものと出ないものがありますが
知育に関わる面では、たとえ血を分けた兄弟間でも傾向が異なることも多く
時期や結果といったものに、「個人差」が出やすい要素でもあります。

長男・長女は、しゃべること・字を覚えるのも遅かったから
下の子はもっと早めにできるようにしたい、と考える方は多いようです。

しかしながら、学習能力や知育に関しては<反省して活かす>ことが難しく
他の肉体的な成長に関わるものや、しつけ・マナーの習得とは異なります。

そもそも、学びの原動力である「興味」の対象に個人差があるのです。

結果が異なって当然です。

絵本に興味を示す赤ちゃんもいれば、ピアノ(音楽)に興味を示す赤ちゃんもおり
「好奇心の方向」は、生まれ持ったものも多くコントロールが難しいものです。

できることといえば、結局は<応援>だけなのです。

いずれにしても、本格的な学習を始めるべき時期は
少なくとも、「喋れるようになってから」になります。

それまでは、焦る必要はありません。

その特までに、

  • 読み聞かせ
  • 手遊び
  • 一緒に歌う・弾く

といったことによって、コミュニケーションを取りながら
一緒に遊び・学ぶことで、”情緒面”での発育を促すことが重要です。

情緒面を鍛えることで、「まじめに取り組む」ということの大切さや
「同じことを続ける努力」といった、学習の基礎につながっていくことになります。

基礎をマスターした時期が”伸びしろ”に影響してしまう

小学校入学前の段階の、「幼稚園(保育園)に通う年齢の子供」というのは
できること・できないことに、非常に大きな差があるものです。

そして、

「年小(4歳になる)」

「年中(5歳になる)」

「年長(6歳になる)」

この3年間というのは、特に”差”が付きやすい時期です。

差を付けられやすい時期であり、付けやすい時期です。

そして”この時期のその差”は、後々大きく響いてくることになります。

「ひらがな」や「すうじ」といった、基礎的な知識というのは
ある程度生きていれば自然と身につくことであり、

コンビニ等にいった際には、

「お財布の中身を確認して」

「商品の値段を見て」

「どのくらいのものを買うことができるか」

無意識に、自動で計算しているはずです。

「その能力をどのくらいの時期に習得したか」

ということはを、はっきりと覚えている人は少ないはずです。

しかしながら、”いつまでに”その能力を身に着けるかで
「そこからどの程度伸びるのか」という、いわゆる”伸びしろ”は大きく変わります。

これが”早く身に着けるべき”という、何よりの理由になります。

”自然と”身についたように見えて、実は”経験から”学んでいます。

この経験が、最も大切なのが「小学校入学前」なのです。

「学ばなければなかなか身につかないもの」を身につけ始めなければならない時期

それが小学校に入学する前の、この短い時間なのです。

ここで頑張れば、後で楽をすることができます。

「ちょっとしたこと」がやがて「大きな格差」に

もっと細かく解説すると・・・

年少で掛け算ができた子と、小学校に上がってから掛け算を覚えた子では
はっきり言ってしまうと、かなり絶望的な差があります。

「この時点(5歳前後)」で、「学力格差」ができてしまっているのです。

もちろん、

そこで「油断」しておいていかれる子

そこから<追い上げる>子

この両方がいますが。

しかしながら、少なくとも年少で掛け算ができた子は
小学校に上がってから覚えた子よりも、”2年分”他のことを先に学ぶことができます。

これを突き詰めると・・・
「ノーベル賞を受賞する人」と「その辺の大学教授」くらいの差につながります。

他の人が学んでいることを、”もうとっくに終わっている”人が結果を残します。

”先に身に着けている”ことで、他の人が”今やっている”隙に先に進めるからです。

この差が最も現れるのが、「10代」の時期であり
そして、それは「20代」の人生を大きく決めてしまうことになります。

実際には「4~5歳」の間に、できる・できないの差が大きく出始める傾向があります。

幼稚園(保育園)に入学して、社会に触れ・周りと比較が始まる頃

そして、小学校入学直前の「年長さん」になる、1つ前の段階

この時期に、しっかりと”学力”を意識しておきたいものです。

【先取り学習の効果と弊害】詰め込み教育のメリットとデメリット-早すぎる英才教育には問題があるのか?-

スタートの時点でリードするために

「成長速度」やその時点での「理解度」は、”その子それぞれ”であり均一ではありません。

親子それぞれのタイミングで、必要なトピックは異なるものになるはずです。

しかしながら、「もう育っちゃってるよ」というお母さんや
「もう手遅れなのかしら?」と心配しているお母さんも多いはずです。

ここで一度、ある程度の段階に分けて
「そのタイミングでするべきこと」をまとめていきたいと思います。

「知識教育」ついて意識し始めるタイミングは、各家庭でそれぞれになりますが
赤ちゃんが生まれてから、ある程度成長し・・・

  • なんとなく言葉が喋れるようになってきた
  • 「意志」を持って、自発的な行動を始めた

その後には、マナー・常識を教える”しつけ”と呼ばれるものを施していきます。

  • 人を叩いてはいけない
  • 人のものをとってはいけない
  • 食事中は静かにする

こういったことの後に、初めて知識教育を意識し始めると思います。

場合によっては、しつけをしながら知識教育を始めることも多いと思われますが
その際にまず何を始めるべきかというと、やはり「ひらがな」と「数字」です。

生きるうえでの、”最低限”の必要知識です。

誰もができるようになることですが、早く身に付けることが大切です。

日本においては、「識字率」はほぼ100%であり
”いずれ”は身に着けることができるものとして、
それほど焦ることはないと、考える方も多いかもしれません。

しかしながら「最低限」ということは「スタートライン」ということです。

そこに立たなければ、何も始まらないのです。

”できるだけ早く”始めるに越したことはありません。

できれば”3歳”までに<自分で本を読める>こと、
”4歳”までに<簡単な足し算・引き算ができる>ことが望ましいです。

”もったいないこと”は避けたい

ひらがな・すうじの概念を身に着けてから、知識の成長は劇的に広がっていきます。

そして、その時期は「幼稚園」や「保育園」といった「外の世界」で過ごすことになります。

もちろん、そういった施設で「社会性」を学ぶことは非常に大切なことですが
「家庭内」での過ごし方がこそが、非常に大切な時期でもあります。

この時期の「機会損失」は、取り返せません。

それだけ大切な時期です。

この時期に、何をすべきかは以下にまとめています。

【4~6歳の小学校入学までに身に着けておくべき最低限の能力】低学年の時点で絶対に学力格差を付けられてはならない!

具体的には、「小学校入学」までに
「小学2年生レベル」の知識を
マスターしておく必要があります。

「公立学校のカリキュラム」をあてにしてはいけません。

レベルが低すぎます。

「カリキュラム通り」では、後で苦労することになります。

そして、「その準備をする期間」に過ごすことになる
幼稚園・保育園は、知能のための教育をする機関ではありません。

家庭におけるフォローが、必ず必要です。

>>本当におすすめの幼児向け通信教育教材究極の2選

小学校低学年くらいまでは”マイペースに独走”したい

いよいよ小学校に入学した後は、”今までとは違う”学習指導を受けることになります、

そして、それは”社会に出るまで”続くことになります。

小中学校ではあくまで「均一」な指導が行われることになり
いわゆる「義務教育」ですが、これ自体は素晴らしいものです。

ただし、

落ちこぼれが這い上がれない

「進んでいる子」の成長を止める

という、2つの両極のデメリットが生まれることになります。

これは仕方がないことですが、”巻き込まれない”ようにしましょう。

”10歳”までは、比較的簡単に「取り返し」は尽きますし
できる子は、周りを無視してどんどん進んでいきましょう。

小学校~中学校の期間で大切なことは、「目標」を作って「加速する」ことです。

そしてお母さん(お父さん)の役目は、
これから先ずっと、<アシストシスト>してあげることであり
時には、目標を作ってあげる・提示してあげることも必要です。

早く済ませておけば”余裕”が生まれる

「早く身に着ける」ことによるメリットは、勉強に特化しているわけではありません。

”勉強で差を付けた分だけ”その後に<さぼる>ことができるのです。

”さぼる”というのは、悪い表現ですが、
周りが勉強している間に、自分は他のことができるということです。

  • 成績には関係ないけれど興味がある分野の勉強
  • 先にゲームをクリアして人気者になる
  • 素振りをして野球がうまくなる

「やるべきことを早く終わらせる」

というのは、時間配分・スケジュール・計画を立てる練習でもあるのです。

”早いほど身に付きやすい”はあらゆることに言える

「習い事」をすることがそれほど贅沢ではない時代であり、
幼い時期から「何か習わせようかしら?」と検討している方は多いと思います。

何かに取り組むことには、学習・成長面でもメリットがあることは確かであり
最近では、”より幼い時期”から通わせていることも多いようです。

子供に何かを始めさせる際には、1つの基準として「3歳」という年齢が挙げられます。

幼稚園の年少に入園する年齢でもあり、とりあえず「赤ちゃんは卒業」という時期です。

そして、それよりも少し早く始めることが”有利”になるのではないかと
「2歳」から、何らかの「教室」に通わせたい方も多いと思われます。

実際に2歳というのは、様々なものを認識・理解し始めてから少し経ったころであり
「自分が何を学んでいるのか」ということについても、理解できる頃でもあります。

「1歳」では少し早すぎる、けど早めに、と考えた際に適切な時期と考えられます。

何より「吸収力」が優れている時期です。

無理矢理”だったり”嫌がっている”内容でない限りは、
前向きに習い事を始め、刺激を与えてあげていい時期です。

よその家庭はどんなことを習わせているの?

子供の習い事に関するアンケートは、様々な場所で集めらています。

長い期間に亘って、

  • ピアノ
  • 水泳
  • 習字

これらの「王道」といえるものは、常に人気となっているようです。

そして昨今では、これらに「英語」が食い込んでいます。

それぞれ、

「感性」

「運動」

「学習」

とうまくジャンルが異なるものであり、掛け持ちをしているお子さんも少なくありません。

また、「クラシックバレエ」や「フィギュアスケート」といった
ひと昔前では非常に珍しかったものも、現代では一般的な習い事となっているようです。

<掛け持ち>はまだ早い

1つだけ注意点として、

幼い子供に習い事をさせる際には、教室・習い事の<掛け持ち>は避けて欲しいと思います。

単純に、「疲れてしまう」からです。

「好きなことをする時間がなくなる」ことは、幼い子供にとって大きなストレスです。

また、ある程度は自由な時間を確保してあげなければ
<自分で考えて遊ぶ>という、成長に欠かせない機会が失われてしまいます。

感性を育てようとして奪ってしまうという、本末転倒の結果を招いてしまうのです。

「家庭」以外の文化に触れあえることはメリット

自分で判断のつかない幼い子供に対して、
何かを”させる”際には、必ず「目的」を考えることが重要です。

そう考えた際、3歳未満のお子さんに習い事させることの
一番のメリットは、やはり「コミュニケーション能力」の成長です。

特に幼稚園(保育園)に通い始める前に、何らかのコミュニティへ参加していて
「家族以外」と触れ合っていた経験は、非常に役に立つものになります。

入園後に「スムーズに仲良くなれる」といった、
幼い時期にとって、何事にも代えられない能力につながります。

そのため、習い事を選ぶ際には「1人で学ぶ」のではなく
<みんなと学ぶ>という、内容・教室を優先することをお進めします。

ついつい「自分が習いたかったこと」を、習わせてしまいがちな傾向があります。

まずは、「その子のためになる」ことを優先しましょう。