⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【幼児の癇癪への対処法】気が短くて精神年齢が周りに比べて低い子供の育て方-いつになったら感情をコントロールできるようになる?-

いわゆる「精神年齢」というのは、基本的には<経験>によって年をとるものです。

そのため、ある程度は「実際の年齢」に比例するものでもあります。

また、広い範囲で見れば「早く大人になる子」と
「いつまでも大人になれない子」に分かれるものでもあります。

しかし、そうは言ってもそれが我が子なら気になるものです。

”年相応”に、精神的な面も育ってくることが一般的と見えます。

中には、「いつまでも赤ちゃん」といった極端なケースも見られ
「このままで大丈夫かしら?」と、心配しているお母さんは珍しくはありません。

幼い時期の情緒的な成長というのは、人格(性格)の形成に非常に重要であり
そして、子供の精神的な成長とは「持って生まれたもの」に加えて
当然のことならがら、<育て方>が大きな影響を与えることになります。

「心の成長」が”自然と”進まない場合に注意が必要

そもそも、「生まれつき癇癪を起しやすい」というような
いわゆる「疳の虫(かんのむし)が強い」という子は、全く珍しいものではありません。

基本的には、心の成長と共に”落ち着いてくる”ことが多いものでもあります。

ある意味で「個性」でもあり、全て丸変わりするということは少ないですが

  • 気が短く、すぐにモノにあたる
  • 思い通りにいかないと、癇癪を起こす
  • ママがいないと、何もできない

といった状態のまま、成人を迎える人間は稀です。

”少し残る”ことはあるものの、多くが”自然といい方向に”いくものです。

しかしながら、稀に「そのままいっちゃった」ということもないわけではありません。

そして、そういったケースというのは

  • 甘やかし過ぎ
  • 厳しくし過ぎ

という傾向が見られることが、多いことも事実です。

もちろん、全てではありません。

どうすればいいかわからないから」という事情もあると思います。

また、”甘え”と点で考えた際には「甘やかしているから」という場合だけでなく
「甘えることができなかったから」という事情が、影響を与えることもあります。

これは、ある意味で厳しく押さえつけ過ぎたことによる”反動”とも言えます。

「甘ったれだから」

「我慢ができないから」

といって上から押さえつけてしまうのは、逆効果になってしまうことも多いのです。

癇癪や駄々がヒドイ場合には、それが「一過性」のものなのかに加えて、
「多動症」といった傾向が見られるのか?という点も、慎重に見極める必要です。

これは今後、「集中力」といった能力にも関わってくるものでもあります。

いずれにしても、幼い時期のケアは重要なものとなるため
心配し過ぎもよくありませんが、様々な角度から”可能性”を考えておく必要があります。

【子供の集中力を高める方法】とにかくじっとしていられないのは病気なの?-極端に落ち着きがなくて心配な子供の育て方-

学習態度や知能への影響は「ある」と言える

「子供の性格の傾向」が、「学習能力」に対してどのような影響を与えるのか?

これらは非常に、「関連性が高い」と言えます。

それは「自信」と「人格の構成」は、非常に密接な関係を持っているためです。

極端に気が短いこと、癇癪持ちの傾向が見られる場合のリスクとして
勉強や運動に関わらず、<諦める(投げ出す)>といったことが挙げられます。

「できないからやだ」「できないものはやりたくない」というやつです。

これでは集中力の成長が遅くなり・・・ますます周りに後れをとり・・・

「勝てないからやらない」という、悪循環から抜け出せません。

この問題をクリアするためには・・・
まずは、なんとしても”クリアそのもの”をさせてあげることが必要です。

<少しずつ乗り越える>という経験は、「情緒の成長」にとっても重要な意味を持ちます。

「できることをこなせる」からスタートさせてみる

とにかく、いくら簡単な・レベルの低い(ように見える)ことでも
その子が「確実にできる」ということから、やらせてみましょう。

低いレベルからで、かまいません。

「やらない」よりは、マシです。

できるようになったら、ほんのちょっとずつ、徐々にレベルを上げていけばいいのです。

これは基本的な学習の力を高める方法でもあり、
「勉強が嫌にならない」ために、必要なプロセスでもあります。

何より「できなかったことが、できるようになる」という経験を積ませることができます。

「自信」と「精神年齢」は比例する

精神年齢が育たない

ということは、最悪の場合には「1人では何もできない」という事態を招きます。

周りがお膳立てしなければ前に進めず、周りが助け続けている限りは永遠にそのままです。

そしてその状態を脱出するためには、何より”自信”が必要なのです。

子供というのは「承認欲求」の塊であり、満たしてあげる必要があります。

もちろん、「ありのまま」の存在を認めてあげることも必要ですが

「1人で頑張らないと(結果を残さないと)認めてもらうことができない」

ということも、幼い時期に・より幼いからこそ、教えるべきなのです。

その際に、「新しくできたこと」を認めてあげるサイクルがあることで

  • 徐々に問題をクリアする能力
  • クリアできるまで頑張る力
  • それに伴った集中力の向上

これらを伴って、自信を与えることができるはずです。

【子供のやる気を引き出す方法】まずはたくさん褒めて「自信」を付けさせる-母親からの評価が子供の人格を作る-

幼い時期ほど「現実」とのギャップについて行けないもの

”手が付けられない”レベルの癇癪持ちの子供は、それほど珍しくはないものですが
我が子がそのような気質を持っていた場合、”手を焼いて”いることと思います。

どのような対応が望ましいのか?日々悩み、考えているママさんも

基本的には、2歳未満の「まだ赤ちゃん」と言える子供が振舞う
<駄々>のようなものは、まだまだ癇癪とは言えないものでもあります。

しかしながら、その時期の駄々にどのように対応したかどうかで
その後の癇癪の質や、性格・情緒の傾向も変わってくるものになります。

子供(赤ちゃん)が癇癪を起してしまう理由としては、

  • 自分に対する癇癪
  • 周りに対する癇癪

の2通りがあります。

「自分に対する癇癪」とは・・・

自分の思っている通りに自分でできない

(例)積み木やお絵かき等

といったものであり、「理想と現実とのギャップ」が生まれることから起こります。

自分ができないことを「できると疑わず」

にもかかわらず、

「結果的にできない」ということが理解できない

そして、それを”受け入れることができない”ことで爆発します。

自分でコントロールできない「現実への反抗(怒り)」でもあります。

これは大人の場合には、「抑うつ」や「自暴自棄」といった症状で現れるものと似ており
子供の頃癇癪持ちであった場合に、この傾向が強いことが分かっています。

基本的な対応としては、

「できなくてもいいんだよ・いいじゃん」

くらいの対応の後に、

「他のできる事」をさせてあげましょう。

「前にできたあれ見せてよ」といった、対応が相応しいと考えられます。

この段階においては、自分の心と現状との整理がつかず
本人も理由が分からずに、癇癪を起していること多いものです。

情緒が育つ過程においては避けられないものであり、適度な反応も必要です。

「社会的な不満」を持てるようになったということでもある

一方で、「周りに対する癇癪」とは・・・

「自分が認識されていない」ことに納得できない

<(例)家事の途中に話を聞かなかった等>

という社会的なものが含まれ、「承認欲求」も根底にあります。

「もっと見てよ」という怒りでもあり、この際に無視したりすることによって・・・

極端な例では、

  • 自己評価が低くなる
  • 周りの目を引くためにとんでもない行動をとる

対人関係で問題を抱えてしまう恐れもあります。

対応が大変過ぎて、”こっちが泣きたくなる”といった時もあると思いますが
<無視>することが、何よりもやってはいけないことです。

何度もしつこくアピールされても、気が済むまで反応してあげましょう。

基本的にスグに忘れてしまい、いつの間にか収まることがほとんどです。

これは、ある意味で成長過程でもあります。



スポンサーリンク

簡単にできる幼児の癇癪への対処法

癇癪を起している「場所(環境)」を変えることは、意外にも大きな効果があります。

家であれば、”退屈であることを表現できない苛立ち”といったものが
原因となっている場合もあるため、そんな時はお散歩に出かけたりしてみましょう。

「お出かけ先の癇癪」は、初めての場所を怖がっていることによる反応とも考えられます。

一度場所を移動して、落ち着かせることも大切です。

ちなみに・・・

「車」や「電車」といった、「大きなもの動いている様子」を見ることで
落ち着く子供が多いことが分かっており、ぜひ試してみて欲しいと思います。

また弟や妹が出来たとたんに、癇癪が改善することも珍しくないため
ぬいぐるみなどを与え、「お世話をさせる」ことも効果があります。

どれだけ酷い癇癪も、「成長過程の一過性」であることも多く
基本的には、「幼い時期特有の甘え」がその根底にあります。

どの程度甘えさせるかの判断は、なかなか難しいものですが
「人前での癇癪」は許さずに、2人きりになった際にしっかり話を聞いてあげるなど
ある程度のルールを作ることが、この段階を乗り越えるために本来は必要過程になります。

特に1歳未満の赤ちゃんの気質というのは生まれ持ったものであり
喋れない・理解できない時点での矯正はできず、また”なおそう”と思ってはいけません。

受け入れて、ベストな接し方をするしかありません。

しかしながら・・・

これから成長していき・・・「乳幼児」ではなく「児童」になった時に、
「ちゃんと治まっていてくれるのか?」と、不安を感じている方は少なくないはずです。

基本的には一時的なものが多いが

繰り返しになりますが、幼児期の癇癪は一過性であることがほとんです。

神経質に対応してしまうことが、むしろマイナスを招くこともにもなりかねません。

「気付いたらおさまっていた」ということが、多いものであることを心得ましょう。

しかしながら、成長してからも駄々をこねる”癖”が付いていたり
「自分の思い通りにならないと泣き喚く」とような気質のままでは、少し注意が必要です。

2歳前後の「喋り始め」の時期に、一番情緒的な要素が固まってきやすい状態です。

つまり、その時期の接し方が非常に重要です。

  • 決して怒らない
  • 放ってかない
  • 目を見て、手をつないで、ゆっくり優しく説得する
  • 何が気に入らないか聞いてみる(理解しなくても)
  • 暴れた結果を見せる(散乱しているおもちゃ等)
  • 一緒に片付ける
  • 暴れていたら、抱くのでなく、寝ることを提案する
  • 一緒に布団に入ることを勧める
  • 本を読んであげる(聞いていなくても)

幼い子供の頭の中は、常に錯乱状態であるという意見もあります。

爆発した際には、一度リセットすることが大切です。

”一緒に”癇癪を起こさない

子供の癇癪に関しては、非常にノイローゼになりやすい内容であり
つい手を挙げてしまったりなど、悪化していくこともあります。

そして、それによる「罪悪感のループ」は非常にありがちな問題です。

「癇癪持ち」は、”繊細”であり”感性が豊か”であるとも言えます。

抑えきれない感情に耐え切れず、癇癪を起すのです。

その際に「ママまでパニック」なっていては、解決することはできません。

実際に親御さんに「癇癪癖」がある場合、子供も癇癪を起しやすい傾向があります。

ある意味で、真似をしているのです。

情緒が育っていく過程において、癇癪が避けられない赤ちゃんもいます。

これは仕方がないことであり、認めてあげなければいけません。

赤ちゃんは毎日生まれ変わります。

あまりにもひどくて心配になってしまう場合には

とは言うものの・・・

”手が付けられない”といったケースや、”先のこと”が心配になるような症状の子供もいます。

この癇癪の症状には、一時的な「成長過程」によるものであるケースと
将来的な「性格」につながってしまうものもあり、注意が必要な場合もあることも事実です。

「症状」と書きましたが、癇癪は「病気」ではありません。

単に癇癪といっても、その原因やメカニズムは年齢や動機によって変わるものです。

その、今起こしている癇癪が

「意識的な癇癪なのか」

ということは、非常に重要な要素になります。

1歳未満の赤ちゃんというのは、常に頭の中が錯乱状態であると言われています。

そもそも、癇癪の”スイッチ”が入りやすい状態です。

特に感受性の強い子は、ほんのちょっと物音がしただけで脳が混乱状態になってしまい
結果として泣き止まない・わめき続けるといったことが癇癪と認識されるケースもあります。

これらの反応は、成長過程の一部であり
意味が無いこともあることだけは、知っておいて欲しいと思います。

しかし、ある程度成長した後の癇癪というのは

  • 癖になってしまっている
  • 性格の一部として定着してしまっている

という”恐れ”もあります。

こういったことこそ、警戒・心配している方は多いはずです。

3歳にもなれば、ある程度の周りの状況や

ものごとの流れを理解し始めるころですが

この時期の癇癪というのは

基本的に、

  • 自分本位な理由
  • 注目を集めたい

いずれか、もしくは両方の理由になります。

ずっと「自分が世界の中心」のままは確かに危険

いわゆる「自分の思い通りにならない」という状況を、
”受け入れることができない”ことによって、どうすることもできずに癇癪を起こします。

  • 欲しいもものを買ってもらえない
  • したいことがうまくできない

というようなものが典型的な例です。

この時に忘れてはいけないことは、自分が我がままを言っている”自覚”はありません。

何でも自分の思い通りになると、本気で思っているのです。

このまま変わらないのは、確かに危険なケースです。

冒頭で挙げた典型的な癇癪ですが、”いつまで続くのか”ということが鍵になります。

自分が癇癪を起こすことによって、注目してもらえる
注目されたくて、癇癪を起こすことも珍しいことではありません。

この時の対応としては

  • 過度に反応すること
  • 放置すること

どちらも良くないと考えられ、非常に対応が難しいケースでもあります。

毎回毎回向き合ってあげることによって、どんどんエスカレートしてしまう恐れがあり
一方で「放置する」というのは、最もやってはいけない対応になります。

子供の性格を見極めて、「癖」にならないように対応することが必要です。

「わかっててやっている」場合には

「自覚のある癇癪」は、特に注意する必要があります。

赤ちゃんの時とは異なり、「目的」があって癇癪を起しているため
その目的のために癇癪を起すということは良くないことである、と説明する必要があります。

  • 癇癪を起こしても何も変わらないこと
  • むしろ状況が悪くなること
  • みんな癇癪を望んでいないこと
  • みんなが悲しくなること

そして、別の解決策を説明してあげましょう。

物心付いてからでないと、意味が無いように思えますが

物心ついてから・大人になってからでは、矯正できないケースもあり
人とのコミュニケーションに、支障をきたす要因にもなりやすいものです。

子供の成長段階に合わせて、「そこで(その段階で)治す」という心がけが必要になります。



スポンサーリンク

感情が育ち性格が形成される過程

人間には様々な感情がありますが、

どういった場合に、「特定の感情」で「特定の表情」になるのか・・・

楽し・嬉しければ「笑い」

嬉しければ「泣く」

腹が立てば「怒る」

こういった感情は、いつから明確になり<表現>することができたか
自分のことを、しっかり覚えている方は少ないと思います。

そのため赤ちゃんの成長と共に、そういった感情を発見し
身に着けていく過程を日々目にすることは、子育ての醍醐味でもあります。

赤ちゃんがニコニコと”可愛らしい表情”をするのは、
「攻撃されないための防御本能」であると考えられており・・・

「楽しい」から「嬉しい」から笑っているというわけではない、という説が根強いです。

これは「新生児微笑」とも呼ばれます。

しかし、「気持ちいいいふれあい」を繰り返すうちに
「快」の感情に伴う、楽しそうな「表情」を覚えていくことになります。

無意識の微笑みから、意図した表現として「微笑む」ことを覚えるのです。

この一連の学習は、およそ生後3ヶ月ほどでできるようになると言われており
この過程で身についた感情・愛着が、「人としての性格」を作っていくことになります。

そしてそれは、「嬉しい・楽しい」から「笑う」過程と同じく
”悲しみ”や”怒り”といった感情による反応を、覚えていくということでもあります。

成長とは、新しい問題伴うものでもあるのです。

発生するものは「コントロール」をしなければならない

負の感情は、生まれた時点で身についているものでもあります。

  • お腹がすいた
  • オムツを変えてほしい
  • 寂しい

といった際に、「泣く」というのは「負の心情」を表すため
生まれながらに、最初から身に着けている感情でもあります。

泣くことは「不快」を表す、典型的な表現でもあり
体調が悪いといったことを伝えるための、もう1つの防御反応でもあるためです。

生来の感情は「本能」でもあり、「理性」でコントロールすることが難しいものです。

何より、これから先生きていれば避けられないものです。

だからこそ、うまく<コントロール>をする力を身に付けることが大切なのです。

もとろん、「何歳でコントロールできるようになる」というような基準は存在せず
残念なことに、人によっては一生涯コントロールが下手な場合もあります。

そういう人、見たことがあるはずです・・・

いずれ「めんどくさい大人」にならないために

「コントロールできない負の感情」が前面に出た状態が、癇癪と呼ばれるものですが
子供自身が「何がなんだか分からない状態」であり、一種のパニックとも言えるのです。

しかし、このパニックを理性で抑えることが大切であり

  • 欲しいものを我慢する
  • 思い通りにいかないことを受け入れる

といったことこそが、「心の成長」なのです。

大人であっても、仕事や家事が忙しすぎることによって
「切羽詰まった状態」になった際には、「イライラ」することもあるはずです。

そういった場合に、心を落ち着かせ・鎮める方法を人それぞれ持っているはずであり・・・

  • 甘いものを食べる
  • お笑いのDVDを見る
  • ドライブに行く

といったことによって、「解消」することが多いと思います。

しかしながら非常に怒りやすい、いわゆる「短気」な人も世の中にはいます。

そういった人は、幼児期に「感情のコントロール」の方法を
うまく身に着けることができなかった可能性があります。

  • 癇癪を起している時に放っておかれた
  • 癇癪を起せば何でも買ってもらえた
  • ストレス解消の弱い者いじめを咎められなかった

基本的には、「周囲にいた大人」が悪かったと考えられます。

「子は親の鏡」であることを忘れない

幼児期において、

自分のその感情に対して周りの大人がどのように対処したか

によって、その子の人生を通しての”コントロールのうまさ”が変わってくるものです。

そして、親自身が感情のコントロールが”へた”である場合
その子供はコントロール法を学ぶということが、できるわけがありません。

極端な例としては・・・

  • 怒るとお皿を割るママ
  • お酒を飲んで暴れるパパ

子供は「同じような人間」になる可能性が高いです。

親も人間であり、「抑えられない感情」や「抑えられない場面」もあります。

そういった場合には、”決して子供に見せない”という気遣いが必要になります。

「子は親の鏡」ということを、忘れないようにしましょう。