⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【子供のパソコン練習と学習】いつから使わせる?幼児には早すぎる?-「スマイルゼミ」の評価とおすすめポイント-

いつでも、早過ぎません。

パソコンを「使う能力」と「利用する能力」

この2つは今後の生活・人生にとって、欠かせないものであり・・・

というと大袈裟ですが、”早すぎるか?”を心配する必要は全くありません。

「今はまだ使えなくてもいい」けど、「いずれ使いこなせるようになるべき」であり
焦る必要はありませんが、徐々に慣れていく必要のある「道具」であることは確かです。

そして現在は、パソコン・タブレット・ネットを介した学習法は
徐々に”スタンダード”なものになりつつある状況です。

お母さん方が考える「パソコン教育」というものには、2つの側面があると思われます。

1つは、パソコンの使い方を教えること「使う能力」を身に着けさせることです。

そしてもう1つは・・・
パソコンを「利用した学習」をする、主にネットを介した通信教育を指すはずです。

幼い時期の”パソコン(ネット)”との付き合い方を考えた際に、最も効率的な方法は
後者のパソコンを利用した学習を”しながら”パソコンの使い方を覚えていく方法です。

<学びながら学ぶ>ができる時期

この世には、2種類の人間がいます。

スマホやゲーム、家電機器を購入した後に

  • 説明書を読んでから使い始める人
  • 説明書を読まずに使い始める人

両者は最終的な、”使いこなし”に差は出ませんが、
どちらかというと、2番目の方が飲みこみが早い傾向があります。

「感性で身に着ける」タイプです。

最初から<とにかくやってみる>ことで、”ものにしていく”という力であり
特に幼い時期というのは、感覚で覚える能力に長けています。

学ぶための手段は何でもいい

これからパソコンは、より「使えて当たり前」の傾向が強くなります。

一度生活の中に入ってきた技術というのは、離れることはありません。

かまどで炊いたご飯は美味しいものですが、炊飯器でご飯を炊いている方が大半のはずです。

同じように?これからは何かと「パソコンで処理する」ことが多くなるはずです。

ネットバンクの普及に比例して、ATMの利用者は少なくなっていきます。

要は、「パソコンを使えることが前提の社会」になっているということです。

どうせ必要なら、早く覚えるにこしたことはないのです。

「使えない」や「苦手」は、通用しないのです。

2、3歳は、ちょっと早すぎますが、

4、5歳から始めて大丈夫かと思います。

「早すぎるかな?」という感覚でなく、
「やらせてみようかな?」という感覚を持ちましょう。

そして、パソコンを利用した学習法は
今後必ず「問題集」と「鉛筆」に、とって変わっていくはずです。

「娯楽」と「学習」

パソコンに触れさせることに関して、心配しているお母さんは
パソコンをゲームと同じように考えているのかもしれません。

もちろんパソコンを与えることには、注意すべきこともあります。

パソコンは、ゲーム的な使い方ができることも事実です。

中には、「依存症」と呼ばれる人もいるようです。

しかしながら、別の用途に使うことの方が多く
便利な・素晴らしい道具であることも、また事実なのです。

使う際の「目的」を定めることが、大切な道具なります。

繰り返しになりますが、
「ネットを介した通信教育」が、今後の主流になってくることは間違いありません。

ガンガン使いこなしていきましょう。

パソコン学習はお母さんにとっても便利

パソコン学習ののメリットとは、
子供がパソコンを使う能力を養い、更に知識が身に付くだけではありません。

「送り迎え」がないことによる、親御さんの時間的な負担や
「行き帰り道の安全面での心配」が、なくなるメリットもあります。

実際に、パソコンに似た「タブレット」による通信教材として
以下で解説する「スマイルゼミ」を中心とした、”新しい通信教育”は
サービスの開始以来、利用者が増え続けているようです。

「専用タブレット」であり、それ以外の使い方はできないため
お母さん方が心配しているリスクを避け、電子機器の使い方を学ぶこともできます。

最先端タブレット型学習教材「スマイルゼミ」

「これぞ新しい通信教育」と言える、最先端のコンセプトであり
もちろん、おすすめの教材が「スマイルゼミ」です。

最もスタンダードな教材の1つ、と考えられる存在です。



パソコン・スマホ・タブレットを代表とした電子機器は
あらゆる局面で、これからの標準となることは間違いなく

「まるでSF映画のように」

学校の授業もタブレットで行われる、という時代が必ずやって来ます。

というよりも、

現在進行形として、着々と浸透してきており
機材を「使えないと話にならない」時代に近づいています。

そこまで大袈裟に考えなくても、来るべき時に備えて
幼い時期から、少しでも触れ合っておくことは大きなメリットと言えます。

何より、お母さんにとっても、非常に便利な手段なのです。

「スマイルゼミ」を利用して学習するメリット

通信教育全般に言えることですが、「通わなくていい」ということは
「メリット」というよりも、上記した通り負担が少なくなることが挙げられます。

「今でしょ!」でお馴染みの先生は、
「衛星予備校」と呼ばれる、大学受験専門予備校の講師です。

お母さん・お父さんの中には、
大学受験のために、通っていた方も多くいらっしゃるはずです。

この衛星予備校とは、講師が授業をしている「映像」を見ることで
好きな時に、好きな内容・カリキュラムができることが最大の魅力です。

「独特の講師陣」といった、ポイントもありましたが
やはり「いつでも学びたいことを学べる」というコンセプトがウケました。

「スマイルゼミ」が衛星予備校と異なる点・・・

衛星予備校は、少なくとも「そこまで通う」必要がありましたが
「スマイルゼミ」の場合は、ネットが運んできてくれます。
(注:「インターネット環境」があることが、唯一の条件になります!)

1ヶ月ごとに新しいカリキュラムをダウンロードし、
「1ヶ月以内に終わらせる」ということだけで、勝手にカリキュラムが進行していくのです。

「ただただ楽しい」から続く

「ニンテ〇ドー○○」を始め、子供は小さな機械が大好きです。

スマホをとられてしまうことに、悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか?

「スマイルゼミ」がおススメの理由としては、
「これからの学習法」の1つといったカッコいい理由だけでなく
「楽しい(楽しく感じる)」から、飽きない・続けられることです。

何事もそうですが、継続が「最低限」の努力であり
また、結果を引き寄せる「最大の貢献要素」でもあります。

とにかく、「まずは続ける」ことが大切なのです。

さすがに幼児には早い?

「スマイルゼミ」に使うタブレットは、ただの道具です。

「何歳だから早い」ということはなく、「タッチペンの誤飲」といった
現実的なトラブルが心配ないようであれば、全く問題ありません。

あくまで学習手段の1つであり、”便利”ということ
「より現代的・先進的」であるということが、メリットであり
何を使って勉強しようが、何よりも大切なことは「学ぶ姿勢」なのです。

また、専用のタブレットを利用するため、
「有害なサイト」や「怪しいアプリ」に辿りつく心配はありません。

「スマイルゼミ」の無料資料請求はこちらから

「先取り学習」がしやすい教材

小学校入学までには、「小学校2年生」の内容を
ある程度、できれば完全に理解しておくことが望ましいです。

つまり、”先取り”は年中さんから少しずつ始めてもいいくらいです。

【先取り学習の効果と弊害】詰め込み教育のメリットとデメリット-早すぎる英才教育には問題があるのか?-

小学校入学前に手に入れておくことで、まわりを”リード”することができます。

そのため、1つ2つ上の学年の内容を試してみてもいいと思います。

1つの契約で1つの学年しか選択することができません。

本契約の際にはしっかりと検討しましょう。

もちろん、成長に合わせた使い方でも十分であり
また進展度よって、コース(標準・発展)を選択することができるため
たとえ遅いスタートでも、どんどん先へと進むことができます。

専用タブレットを利用した、

「これから必要になる感覚」と「やる気になりやすいツボ」

この両方をを抑えた「スマイルゼミ」は、
今後の通信教育における、新たな標準となる教材と言えます。