⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

お金持ちの子供は貧しい家庭の子供よりも頭がいいのか-子供の学力を伸ばすための環境の準備は親がしなければならない-

ちょっと切なく、でも知っておくべき

そして、

本当は知っているはずでもあるトピックです。

「人生はお金ではない」と、よく言われますが
お金があった方が、何事も有利に進めることができることは客観的事実です。

これは間違いない、ただの事実です。

そしてそれは”教育”にも、全く同じことが言えます。

「お金持ちの子供」は学習を進めるうえで、知識を吸収する環境整っており
様々な面で有利であることもまた、誰もが理解できることです。

それでは、どうやって逆転していきましょうか?

逆転は、人生の醍醐味でもあります。

貧しい家庭で育った子供であっても、裕福な家庭で育った子供に逆転することは可能です。

というよりも、逆転するための手段こそが学習なのです。

しかしながら、それには当然「相対的努力の量」で勝る必要があります。

そもそも、同じ条件ではないからです。

「普通の家庭」はもう存在しない

前提として、

事実として、

労働者全体の平均収入は、「400万円~420万円」の間でしばらく推移しており
この数字は、パート・アルバイト、極端な高収入の収入も含まれています。

実際の「中央値(最も割合が多い数値の分布)」は「300万円台後半」と考えられています。

「大企業・上場企業」と呼ばれている会社に勤めている人というのは、
ほんの一握りであり、圧倒的多数の人が「中小企業」に勤務しています。

「35歳で年収380万円」

という数字が、「幼い子供のお父さん」の平均像であると考えられます。

そしてこれからの世の中では、ほとんどの「中小企業の会社員」の給料は上がりません。

しかしながら「そこそこの会社」であれば、「30歳で年収500万円」程度であり
年をとるにつれて、賃金は上昇します。(その額も減ってきてはいますが)

「一般人」レベルでも、格差ができてしまっているのです。

追い打ちをかける事実として、「東大生」の家庭の世帯収入は「平均900万円」です。

「母親がパートに出ているような一般家庭」の世帯年収が、
「450万円」だとしたら、その”倍”あるということです。

学力と、親の収入は「基本的に比例」します。

ちなみに、東大生のお母さんは専業主婦率がやや高いようです。

金があるうえに、教育・しつけにも専念できますね。

現実を受け止めて動き出すしかない

ここでは、「賃金の構造」といったことには言及しません。

しかしながら、現代の状況では「幼い子供を持つお母さんのお父さん」と
「幼い子供を持つお母さんの旦那さん」は同じ人生を歩めないことは確かです。

お母さんが思い描いている「普通の家庭」を実現できる家庭は、ごく一部です。

何が言いたいかと言うと、「旦那さんを責めないで欲しい」ということと
「今の普通の家庭」というのは、「昔の普通の家庭」に比べて、貧しくて当然なのです。

しかし、悲観していても現実は変わりません。

現実は受け止めて、よりよい未来のための作戦を練ることが大切です。

ちなみに、このサイトご覧のお母さんの中には
小さい頃「クレヨンしんちゃん」を見ていた方も多いと思いますが・・・
野原しんのすけ君のお父さんは、「係長」で「年収600万円」という設定です。

それでも、妻みさえには「安月給」と言われていました。

現在は、もっと深刻な状況と言えます。

結論としては、

お金持ちに勝ちたかったら、お金持ちよりも努力しなければなりません。

まず、スタート地点が違います。

親からすれば、どうしても「自分達の影響」というのは気になるものと思います。

【知能は遺伝するのか?】頭のよさは”生まれつき”決まっているのか?それとも「環境」で作られるもの?

上記のトピックにおける結論として・・・
「遺伝子」ではなく「環境」の影響が、圧倒的に大きいとしました。

しかし、環境はお金で作られる側面もあります。

毎日のように塾・家庭教師を利用できるのか

「勉強合宿」に参加できるのか

毎日お習い事に送り迎えする「余裕」があるのか

こういったことで、不利な分は”お金ではない”ことで挽回するしかありません。

お父さんが休みの日に寝ているのか、一緒に虫取りにでも行くのか

スマホゲームをしているのか、本を読んでいるのか(ゲームは悪くありませんが)

お父さんお母さんが喧嘩しているのか、仲睦まじいのか

こういった様々な要素の、その毎日の積み重ねが、子供の将来を決めます。

そして、これらにはそれほどお金がかからないはずです。

最終的に「自立」できることが大切

幼い子供は、

自分の家が貧しいのかお金持ちなのかどうか・・・

そんなことは考えません。

しかし、いずれ<察する>時が来ます。

その時に、どう考え・行動するかが鍵です。

世の中には、お金で解決できないことも多いです。

しかし、お金があれば避けることができるトラブルが多いこともまた事実です。

お金でなんとかできない時に、どうやって何とかするのか

それが、”知性”というものでもあります。

「ペンは剣よりも強し」と言う言葉がありますが、勉学は必ず人生の助けになります。

そして、本当は「勝ち負け」よりも

自分1人で生きていけるのか、生きていけるようにしてあげるのか

ということが、最も重要なことになるはずです。

競争ではなく、<サバイバル>に勝つことが重要なのです。

<ちゃんと学ぶ>ために必要な環境は親が作らなくてはならない

子供の学力を伸ばすためには、本人の努力だけではなく
お母さんを中心とした、家庭のバックアップが不可欠です。

幼ければ幼いほどに重要になることであり、それは「学習習慣」をつけてあげること
また”それ以前”のことも、準備・用意しておく必要があります。

学ぶための一歩として、まずは「学習する環境」を整えてあげることが必要です。

そして、それは親の役目です。

この「学ぶための環境」について、特に日本で生まれ育った場合
なかなか真剣に考えたことがない方がほとんどだと思います。

環境とは、「紙」や「鉛筆」そして、「机」や「電気」も含まれます。

これは屁理屈でもなんでもなく、こういった”当たり前”のものを持っていない
当たり前に用意されていない、という人は世界にたくさんいます。

「だから感謝しましょう」というのではなく(感謝ももちろんですが)
せっかく用意できる環境にあるのだから、それらを正しく使う術を整えてあげましょう。

全ての環境の「質」を変えてしまう「お金」

「環境」を構成する要素は様々なものがありますが
それらを作るものは、やはり”お金”以外のなにものでもありません。

環境を作る、最も根本的な要素は「お金」です。

もちろん、食事を作るお母さんの努力や思いやりも大切ですが
「食材」や「鍋」や「ガス」といったものも、お金がなければ手に入りません。

こういったことに関しても、日本にいるとあまり危機感を感じないことです。

しかし、徐々に、確実に、現実的で深刻な問題になってきています。

よく「格差」と言われますが、今後は現在のような生易しいものでなくなるはずです。

といったトピックでも考えましたが、基本的にはお金があるほうが
より質の高い環境で学ぶことができるため、当然有利です。

偉人の「立身出世物語」では、「裸電球」や「段ボールの机」といったものが出てきて
そういった環境であっても、立派に育つ人というのはいます。

しかし、そういったエピソードは例外中の例外です。

誰でもできるのであれば、途上国は偉人だらけです。

それではどうするのか?と考えると、やはり<可能な限り準備する>しかありません。

「家庭の事情」はそれぞれ違うけど

ご家庭1つ1つに、それぞれの事情が存在するため
「もっと働け!」「節約しろ!」「贅沢するな!」といったことは除外します。

もっと現実的に、

「できるだけ様々なことに対応できるように備えておく」

と考えた場合、「学資保険」といったものも非常に有効です。

すでに入っているというご家庭も多いとは思いますが、
昨今では「学資保険の積立も厳しい」という家庭もあるはずです。

でも、

しかし、

少し苦しいとしても、ぜひ入っておいて欲しいです。

「お金で諦める」ということは、させてほしくないと思います。

「貯蓄で何とかする」

「その時に準備すればいい」

という考えは、ほとんどの場合でうまくいきません。

そして保険や積立というのは、後から始めることができないものであり
例え少額であっても、早めに準備を始めて欲しいものになります。

「お金の準備」でしか作れない、「現実的な環境」も存在します。

安心して勉強するために必要な「学資保険」を<比較>して選ぶ

世の中は、お金を持っている人が有利にできています。

更に「お金がない」ことによって、夢を諦める人が増え続けています。

これは、紛れもない事実です。

それを覆すのも教育、特に幼児教育の力になりますが
やはり、持っている・用意しておくに越したことはありません。

人生とは、計画通りに順調に進むことも準備することもできません。

特に”お金”という現実的な問題は、いろいろな意味で「保険」をかけておく必要があります。

”可能であれば”ではなく”絶対に”加入しておくべき

世の中には様々な種類の”保険”が存在し、その存在自体に賛否両論があることも事実です。

しかしながら、「学資保険」に関しては「絶対に入っておくべき」と言えます。

それは、やはり「後悔しない・させない」ためであり
お子さんの「夢」を諦めさせないため、ということが最も大きな理由です。

全体的な賃金の減少と反比例するように、教育費は上がり続けています。

「家庭の負担」は、過去に比べて最も大きくなっています。

「国公立なら大丈夫」という時代ではないのです。(国公立こそ学費が急増しています。)

この点については勘違いしている方も多く、注意が必要です。

「国立大学でもきつい」

という家庭が増えている時代であり、「奨学金」の利用者は年々増え続けています。

更に”途中で辞めざるをえない”学生も、珍しくないのです。

現実を受け入れて、準える必要があります。

積み立てはいつから始めるべき?

学資保険、特に”積み立て型”の開始は、早いに越したことはありません。

「貯蓄」という形でも、準備すること自体はできますが
「一定の額で満足・安心してしまう」という方も多いはずです。

いざという時に「足りない」というケースは珍しくなく
実際には、「徐々に締め付けられる」ように焦ることになります。

貯金として積み立てておくのではなく、

「払わなければいなけない」という状態にしておくことで

「とっておかざるを得ない状況」を作ることが重要です。

学資保険に関して、”どの会社のサービスにしようか”と考える際に
つい人気があるもの、人(他のご家庭)が利用しているものを選びがちですが
実際には、「家庭によって状況が違う」という当たり前の前提に立つ必要があります。

「控除」や「年末調整」といったものも絡んでくるため、
人気があるものが自分の家庭にとってもよい、とは限らないのです。

何より、保険というものは途中でやめてしまうと損をしてしまうものです。

最初にできるだけ多くのサービスに目を通し、比較して選ぶ必要があります。

いろいろな保険資料は<一括請求>がおすすめ!

学資保険だけでなく、保険というのは非常に複雑なものです。

最近では、より高度・複雑なものが増えています。

必ず迷うことになり、むしろ迷うべきであり、真剣に検討する必要があります。

1、2社目を通しただけで決めてしまうというのは、絶対にやめましょう。

一方で、提供している会社が複数あるサービスを検討する場合には
1つ1つの会社に資料を請求するのは、なかなか面倒でもあります。

そんな時に手軽なのが「一括請求」であり、ぜひ利用してみて欲しいと思います。

一括請求するメリットとして、1つの会社に問い合わせるわけではないため
「勧誘」といったリスクがないことも、おすすめの理由です。

そして、請求して満足・安心するのではなく
一緒に育児をしていくパートナーと、必ず真剣に検討しましょう。

「教育費」の話とは、「子供の将来」を考えることです。

お金というのは、多い・少ないが絶対的なものです。

明確な数字であり、多い方が、多く持っている方が有利です。

だからこそ、「お金に負けて欲しくない」と思うものなのです。

しかし、「お金」は「人生」を左右します。

これは確かなことです。

繰り返しになりますが、「かけるお金」がある人の方が何に対しても有利です。

その結果が最大に現れるのが、”教育”になります。

この事実に、目を背けてはなりません。

おすすめの学資保険一括無料資料請求サービスはこちら