⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

「ものごころ」がつく年齢は何歳?-赤ちゃんに記憶力と感情が芽生える時期とは-

「物心がついた頃から」という言葉は、度々耳にするフレーズです。

「ものごころ」

とは、一般的には”はっきりと記憶することができる”というニュアンスがある言葉です。

つまり、「物心がついた頃」というのは
少なくとも、記憶を<さかのぼる>ことができる時期であると考えられます。

しかしながら、実は本来の意味としては

世間の動きが分かる

人の感情が分かる

と定義されているようです。

もちろん、これらは「記憶」はもととより「認識力」

更に「感情」といったものがなければ、できないことです。

それでは「物心がつく時期」というのは、大体どのくらいのことなのでしょうか?

記憶を<定着させる>ことができるようになっているか?

前提として、もちろん「個人差」があるものになります。

ここでは、その”仕組み”や”段階”から少し順序立てて考えていきましょう。

まず最初に、”おしゃべりができる”ということは
「単語を組み合わせることができる」ということになります。

これは、「おおよそ2歳」くらいの時期いうことになります。

おしゃべりは、それ自体がコミュニケーションでもありますが
その繰り返しによって、「会話の内容」を<記憶する>ことができるようになります。

記憶というのは、「言語能力」に大きく左右されるものであり
しゃべれるようになる前の時期というのは、記憶の定着力が非常に低いものなのです。

「おもちゃの場所」を覚えていることと、
会話の内容を覚えていることは、微妙に異なるものなのです。

もちろん言葉の覚えが速い子、「口が達者」な傾向のある子というのは
コミュニケーション能力の発達も早い傾向があります。

つまり、物心がつくのも早い傾向があると言えるのです。

「人が今どう思っているのか?」を感じることができる

2歳前後というのは、「イヤイヤ期」と呼ばれる1つの反抗期の真っ最中でもあります。

何に対しても、否定・反抗をすることによって
「相手がどうするのか」を、観察している側面もあります。

そして、この時期には

「自分が何をしたら相手がどう思うのか」

ということを、察することができるようになります。

この能力は、円滑なコミュニケーションにとって欠かせないものです。

この段階において、「ダメなことはダメ」と教えることが
その後の成長にとって大切であり、これは「しつけ」にもつながる要素と言えます。

おもちゃを貸せる子・貸さない子・奪う子、それぞれ差が現れてくる時期でもあります。

子供の<しつけ>を始めていい時期と注意点-「やってはいけない怒り方」と「効果的な正しい躾け方」とは-

「2~3歳くらい」から徐々に物心がついていく

以上のことから、に世間の動きや相手の気持ちが図れるようになる
おおよそ「2~3歳の間」こそ、物心がつく時期であると考えられます。

早い子では、2歳前の記憶があることも珍しくありません。

つまり、2歳前後には”ものごころがついている”とも言えるのです。

幼い頃というのは、”世間”とは「家庭」や「親」と同義語になります。

  • コミュニケーションが取れる
  • 相手の気持ちが分かる
  • 何をすればどうなるか(因果関係)判断できる

こういったことは、家庭で育まれると言えます。

もちろん、これらは早いことにこしたことはありません。

ただし、家族以外の人との関わりの中で会得するものも多く
外に出る・人との触れ合いといったことも、情緒の発達には不可欠なのです。

「記憶」ができはじめる時期とは

1日中抱っこしていた日のこと

はじめて立てた日のこと

はじめて旅行で見せてあげた景色

この子はちゃんと”今”を覚えていてくれるのかな?

と時に感慨深くなることもいると思います。

しかし、残念ながら上記したように2歳未満の赤ちゃんというのは
その「経験自体」が、記憶に残ることは基本的にありません。

少し残酷な表現ですが、”自分は覚えているか”考えて見ましょう。

「楽しかった」や「嬉しかった」といった、何となくの記憶がある方でも
「はっきりした過程」に関しては、しっかりとは覚えていないと思います。

この幼児期のことを忘れてしまっていることを、「幼児期健忘」と呼びます。

人間の記憶力と「言語中枢」は、密接につながっており
ある程度喋れるようになってからでないと、記憶は定着しないとされます。

クーイング(あ~う~等の言葉になっていない声)ではなく、
単語と単語をつなげて「文章」にできるようになる、2歳くらいから記憶が定着します。

【子供の記憶力の鍛え方】幼児期の記憶トレーニングが今後の知能の発達の鍵を握る

なんとなくは覚えているよう

生後半年ほどで人見知りが始まり、ママ・パパ以外が抱っこすると
突然激しく泣き喚くというようなことが起こってきます。

まだ目はあまり見えていないはずなので、
本能的なものであり、これらは記憶力とは関係ありません。

しかし、自分が経験したこと(散歩に行ったこと等)を
生後3ヶ月であれば、1~2週間ほどは覚えているということも分かっています。

つまり、赤ちゃんは、覚えていたことを早めに忘れてしまい
大人になるまでは覚えてはいないということです。

少し残念だなと思うママもいるかもしれませんが、「覚えておいて欲しい」と思うのではなく
「一緒に楽しい時間を共有できた」ということを、変わりに覚えておいてあげましょう。

感情はどのようにして芽生えていくのか?

かまってあげると・・・ニコニコしたり

放っておくと・・・泣き始めたりと

赤ちゃんにも、生まれた時から感情があるように思われています。

しかい、感情・情緒が芽生えるには意外と時間がかかるものであり
実際には、「感情から」反応を起こしている訳ではないことも多いのです。

喜怒哀楽といった、基本的な感情が揃うのは生後半年以上かかると言われます。

特に生まれてから3ヶ月くらいまでは、

  • 楽しくて笑っている
  • 嬉しくて笑っている
  • 悲しくて泣いている

ということではない場合が多いと考えられます。

放って置かれるのが悲しいのではなく、身の危険から守ってもらうために泣いています。

また、”保護者からの注目を浴びようとしている”ということに加えて
防衛本能として、”かわいらしさ”を出しているという意見もあります。

現実を知ってしまうと、少し複雑ですね。

感情を身に付ける過程

しかし、感情はしかっかりと芽生えていなくても
これらの赤ちゃんの反応に対しして、どういった反応で返してあげるかで
その後に徐々に形成されていく「性格」や、「共感能力」に影響を与えます。

自分がどのように思っている時に、どのように行動すればいいのか・その行動に対して周りが
どのようなリアクションをしてくれるのかを、学びながら徐々に感情を持ち始めるようです。

そうは言っても、生まれた時点でも根本的な感情の種はあるはずです。

母乳を飲んだ後の嬉しそうな表情を「生理的微笑」と呼んでいます。

愛情を持って接しているママとそうでないママでは、
どちらがその種をうまく育てられるかは、明白なことと言えます。

記憶に残ろうが、感情がなかろうが、愛情を持って接するしかないのです。