⇒【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング

【電話占いは本当に当たるのか?】サイトや占い師によって鑑定結果がバラバラに異なる時は何を根拠に信じればいい?

「本当に当たるのか?」

占いを受ける人にとって、何よりも大切な要素であり
”それだけ先に知りたい”という人は、決して少なくはないはずです。

結論から言えば、”100%当たる占い師”は存在しません。

少しでも占いに関する知識がある方にとっては、常識と言えるものですが
占いの目的とは、「確実な将来」を当てるものではありません。

それができる人がいた(自己申告)としたら、それは間違いなく「詐欺師」です。

そんな人がいたら、占い師にはならずに競馬とかをしているはずですし・・・

電話占いだけでなく、占い・鑑定を受ける方にとって大切なことは
受けたことによって何かが変わるのか、その占いに”意味”があることなのか?なのです。

”占い”とは「統計学」である

占いの方法には様々なものが存在しますが、
それらはある意味で、「統計学」に近い要素があります。

こういう人、こういう傾向が見られる場合は、こうなることが多いよ

こういう事態・環境ができているのは、こういう理由だろう

ということであり、症状(状況・悩み)が起きている原因を
様々な手法によって診断・チェックし、助言を与えるのが占い師の仕事になります。

これらは「気」や「星」や「運勢」という言葉を使って、言い表されることが多いですが
その人の”行い”や今現在の”状態”から、原因と結果を導き出すのが”本当の占い師の力”なのです。

もちろん、「インスピレーション(直感・霊感)」といった能力も必要ですが
占い師に本当に必要な要素というのは、

  • 経験
  • 知識

この2つであり、”基本的に年配の人が多い”のはそのためです。

経験には年数が必要であり、また知識は経験によって積み重なるものです。

つまり、「迷ったら年をとっている方」というのは1つの判断基準です。

もちろん才能(ポテンシャル)が、これらをカバーすることもあります。

一流の占い師というのは、元々才能があった人が経験を重ねた結果と言える存在なのです。

またどの程度”見えるのか”ということは、「占い師の能力」だけでなく
相談者・占い師・相性、そしてタイミングでも変わって来るものでもあります。

”その時”の状態によって異なる鑑定の意味

そもそも、占い鑑定を受ける理由や目的は人によって異なります。

聞きたいこと、聞いて欲しいこと、知りたいこと、
「占い師に教えて欲しいこと」というのは、人それぞれであるはずです。

そして、その内容や<手法>によっても
占い師の先生から受けられる言葉は、異なるものになります。

最も”ありがち”な相談として、

  • 結婚できる時期
  • 運命の人が現れる時期

といったものがありますが、「〇年の〇月〇日」と予想されることはありません。

  • 恋愛運がよくなるのはこの時期
  • この時期に結婚するといいよ

といった、

「鑑定からおすすめできる時期」

が提示されることがほとんどであるはずです。

基本的には、”運命は変わり続けるもの”と考えるものです。

「明確なタイミング」というのは、常に異なるものです。

ある意味で曖昧である、また漠然としていると言え不満を持つ方もいるかもしれませんが
「この日だ!」と聞いて、その日と待つ方・期待する方がよっぽど”危険”なのです。

そういった<断言>をする占い師は、避けた方がいいかもしれません。

また「今の彼でいいでしょうか?」といった内容は、ある意味で「恋愛相談」でもあります。

その際にも、自分の状況や相手の状況を参考に鑑定を受けることになりますが

その関係の内容や、相手への気持ちが

どこまで「自分の意志」で

どこまでが「運命」なのか

その受け入れ度合いによっても、鑑定に対する受け入れ方変わって来るものです。

「結果」が”効果”であるとするのであれば、”その後の自分次第”としか言えないのです。

何よりも、

  • 自分に都合のいいことは信じる(期待する)
  • 都合の悪いことは信じない(結果を否定する)

という、”人間らしいバイアス”があることを忘れてはならず
この「思い込みの力」というのは、その後の展開にとって非常に大きな要素です。

「自分が信頼できる先生」を早く見つけて関係を築く

以上は、あくまで”占い全般”に関する内容です。

そして「電話占い」とは、極めて限られた内容で鑑定がなされるものです。

生年月日や血液型と言った、言葉の情報を伝えることはできますが
相手の先生には、あなたの顔・しぐさ・態度といったものは見えません。

”いわゆるオーラ”と呼ばれるものに関しても、
”声だけ”の要素と「姿全体」では、やはり伝わる度合いは全く違います。

占い師にとっては、非常に条件がよくないと言えるものです。
(とは言っても、需要が多いことから取り組む先生は非常に多く増え続けています)

電話占いを利用する方というのは、

  • 毎回違うサイト・先生に相談する
  • 同じ先生に繰り返し相談する
  • 定期的に相談する戦線が何人かいる

という大まかに3つのパターンが見られますが、「いい方向」へと向かう人というのは
「同じ先生に繰り返し助言を受けていうる」というケースであることが目立ちます。

限られた条件だからこそ、関係性を作ることが大切なのです。

またこの現象は電話占いに限らず、一般的な占いの法則に通じるものでもあります。

芸能人・政治家の方々の中には、”おかかえ”の占い師がいる人は珍しくなく
長い期間にわたり繰り返し助言を受けており、それは「信頼(信用)」に基づくものです。

安心して相談できること、それによって”結果の制度”が高くなることもその理由です。

常にリスクにさらされ、「信頼関係の価値」の重さを分かっている人ならではでもあります。

とは言え、

それほど大げさに考えなくとも、電話占いを効果的に利用するのであれば
「何度も繰り返し相談できる先生」を見つけることを、まずは優先してみましょう。


”どっちか”をとるのか”両方”を受け入れるか

電話占いをはじめとした「占いサイト」は、気軽に受けることができることから
複数のサイト・占い師の先生を”掛け持ち”している方も珍しくありません。

病院に通院する際の、「セカンドオピニオン」とも言える行為になりますが
その際に「鑑定結果の違い」という、新たな悩みの種が生まれてしまうこともあります。

実際には、非常に”ありがち”と言える問題でもありますが
異なる鑑定結果を効くことで、逆に余計に不安になってしまうことも珍しくありません。

そういった場合に、どうすればいいのか?を自分なりに整理しておくことが必要であり
また2つの結果を”うまく利用する”することで、新たな道を切り開けることもあります。

まず、2つの異なる結果を聞かされた場合には

  1. どちらか1つを信用する
  2. 両方共受け入れて自分なりに整理してみる

基本的なスタンスとしては、以上の2つになるはずです。

もちろん、最終的に決断するのは自分自身になりますが
”どちらかの意見はないものとする”のは、あまりおすすめできません。

それは、”2人の先生に聞く意味”がなくなってしまうためです。

「最初から聞かない方がよかった」となるのは、もったいないことです。

そしてそういった考えには、「危険な罠」が潜んでいます。

人間はつい「悪い方」を”なかったこと”にしがちである

基本的には、最初は1人の占い師の先生から鑑定を受けるはずです。

その後に、”別の先生に相談する”となるケースというのは
最初の先生から、「何か嫌なこと」を聞かされていると思われます。

それを受け入れることができないからこそ、別の先生に相談するのはずなのです。

そして、その結果・・・

いいことを信じ

悪いことを信じない

という典型的な思考が働き、どうしても「自分が望ましい方」を信じてしまいがです。

これでは占い鑑定を利用する意味が、半減してしまいます。

もちろん、「別の意見も聞きたい」ということで
再度別の先生から鑑定を受ける人もいるはずですが、
だからこそ、2つの意見の”両方”を参考に今後を考えていく方が合理的なのです。

そもそも、

  • 生年月日
  • 手相
  • 血液型
  • タロット

と占いの種類は様々なものがあり、それら全てが”合致”することは非常に稀です。

できる限り多くの情報(結果)を組み合わせることが、本来は最も効果的な方法なのです。

そのため「2つの結果」が存在することを、プラスに受け止めるべきと言えます。

因果関係は常に変わり続けている

最初に占いの鑑定を受けた後に、別の先生に鑑定してもらうまでには

  • 心の変化
  • 行動の変化
  • それによる日常の変化

と、様々な<変化>が起きているはずです。

これは最初の鑑定を受けなれば、変わらなかったはずのものです。

つまり「最初に鑑定を受けた自分」は、もう存在しないのです。

その後に受ける鑑定結果が、全く同じものにならないのは当然のことです。

「聞ける意見」は多いほどよいもの

占いの鑑定結果による助言は、様々なパターンが存在します。

恋愛に関することであれば、

  • その人にするべき(やめておくべき)
  • 浮気されている(されていない)

という、ある意味で「2つに1つ」の結果が聞かれることもあれば

  • いつ頃運命の人が現れるか
  • うまくいくためには何をすべきか

という、曖昧な結果が聞かれることになります。

いずれにしても、「どれも違うような・・・」と不安になることは意味がないことです。

まずは受け入れて、考えや行動を少しでも変えることが鑑定を受ける意義と言えます。

とりあえず”きめうち”で続けてみることも大切

話は元に戻ってしまいますが・・・

電話占いを利用し始めたばかりの頃は、いろいろな鑑定を受けてみることも大切です。

一方で「とりあえず信じてみよう!」と思える先生に、早く出会うことも必要です。

「無料ポイント」等が付いてくるサイトも多く、
「せっかくだから、いろいろな先生の話を聞こう」となるのは当然のことですが
少し試した後に、”じっくり相談してみる先生”を決めてみましょう。

これは全ての相談に言えることですが、「自分が信用できる先生」を見つけることは
今後占い鑑定を利用して悩みを解決してくためには、不可欠な段階であると言えます。

それが早ければ早いほどに、自分自身の”受けるスタンス”も早くできあがってきます。

”とりあえずゆだねてみる”ということは、占いサイトを利用する際にとても大切なことです。

【元占い師推薦!】電話占いサイトランキング